釜ヶ崎極道

“極道”シリーズ八作目。

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

釜ケ崎ではこの土地の主的存在である島村清吉と、最近勢力を伸ばして来た広域暴力団・城西会系八ッ藤組とのいざこざが絶えず、そこに目を付けた警察では暴力団取締りを一層強化し、両組を解散させるべく迫った。一早く擬装解散した城西会々長津崎謙之助は建設会社を設立。一方、清吉も組を解散、子分たちはそれぞれ分散してしまい、清吉自身は芸能社を旗揚げする。


解説

大企業と結託し、法の目をかいくぐって厖大な資金を貯える暴力団組織に対抗する島村清吉と、その子分の活躍を描く。脚本は『昭和おんな博徒』の鳥居元宏と『非情学園 ワル』の松本功、監督は『まむしの兄弟 刑務所暮し四年半』の山下耕作、撮影も同作の山岸長樹がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1973)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチル

キャスト

俳優名役名
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)島村清吉
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)島村みね子
東美千梅子
加賀まりこ (Kaga Mariko)中原紀子
山城新伍ジョージ
潮健児照男
関山耕司
佐藤京一
志賀勝タツ
須賀不二男秋葉秀忠
渡辺文雄石丸昌人
志摩靖彦国友
遠藤辰雄津崎謙之助
長谷川弘神保
原田力奥田
天津敏八ッ藤武
有川正治青田
鈴木康弘石垣
内田朝雄 (Asao Uchida)大山岩吉
小松方正長田
山田良樹三友物産課長
若山ゆかり矢代の母
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)映画スター
大木実矢代
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック