赤ちゃんの逆襲 R-15

意志を持った赤ちゃんが、復讐に立ち上がる!?

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

建築家を目指しながらも、いまだしがない絵描きのシモンはある日、自分が学生時代にデザインしたものとそっくりの建物を見つける。「さては盗用された!?」と、シモンは建築業界の大物ヴァンサン・ポレルの会社に乗り込んで抗議する。が、相手にされるはずもない。追い出された挙句に、ポレルの運転する車にはねられてしまった!息を引き取ったシモンは……?こともあろうにポレルの息子として生まれ変わってしまうのだった。


解説

赤ちゃんの“本性”をブラックな笑いとともに暴いた本作は、本国フランスをはじめヨーロッパ各国で大ヒットを記録した。「奇人たちの晩餐会」で知られる名優ティエリー・レルミットの名演技にも注目したい。もしも赤ちゃんにはっきりとした“意思”があったら……。この脚本に監督パトリック・アレサンドランが興味を持ったのは、そんな疑念からだったという。赤ちゃん=愛くるしい存在という常識に一石を投じる本作、いちばん楽しんで見られるのは父親?母親?それとも“意志を持った”赤ちゃん?


配給アルバトロス・フィルム
制作国フランス=スペイン (2005)
ジャンルコメディ 
公式サイト公式サイトはこちら

2006年01月14日よりシネマ・メディアージュにて



スタッフ

監督
脚本
共同製作
プロデューサー
撮影監督
美術
舞台装置
音響
編集
衣裳
選曲

キャスト

俳優名役名
ティエリー・レルミット (Thierry Lhermitte)Vincent Porel (ヴァンサン・ポレル)
オフェーリ・ウィンター (Ophelie Winter)Chrystele (クリステル)
レオノール・ワトリング (Leonor Watling)Carmen (カルメン)
ミシェル・ミューラー (Michel Muller)Simon (シモン)
マリア・パコーム (Maria Pacome)Belle Maman (姑)
フランソワ・ルヴァンタル (Francois Levantal)Freddy (フレディ)
クレマンティーヌ・セラリエ (Clementine Celarie)Beatrice (ベアトリス)
リズ・ラメトリ (Lise Lametrie)Genevieve (ジュヌヴィエーヴ)
コレット・カッシド (Colette Casside)La Vieille Dame (老女)
マティアス・ヴァン=カーシュ (Matthias Van Khache)Sebastien (セバスチャン)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック