闇打つ心臓 R-15

自分の子どもを殺した男女の逃避行。23年ぶりにリメイクされた映画をめぐる過去、現在、そして時の流れ…。

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

リメイクを越えた意欲作。1982年に作られた1本の8mm映画『闇打つ心臓』。当時、幼い子どもを殺して逃げるリンゴォと伊奈子という若い男女を演じたのは、俳優・内藤と室井だった。23年ぶりの再会をするリンゴォと伊奈子。久しぶりのお互いの姿は複雑な感情を呼び起こす。同じころ、かつての2人と同じように自分たちの子どもを殺し、知り合いのアパートに転がり込んだ若い男女の透と有紀がいた。有紀は水滴の音、そしてどこからか聞こえてくる赤ん坊の声におびえる。やがて2組の男女の彷徨いが交差する。


解説

本作は、長崎監督が昔に作った作品のストーリーやテーマを、単になぞるためのリメイクではない。映画製作過程のドキュメント、オリジナルの8mm版、そして今回作られたドラマ部分が交錯し、かつての役割を継承、あるいは逆転やねじれなど、普通の映画文法から逃れた、より自由なリメイクになっている。内藤は「23年前は若い2人はそのまま逃げた。しかし罪を犯したものは罰せられなければならない。今、出るなら、かつての自分を殴ることで罰を与えたい」という。しかし映画の撮影が進むにつれて、そう単純ではないことにとまどいを覚えるようになる。今の自分が過去の自分を罰することができるのか…。とにかくジャンルを越境する意欲作であることにはまちがいない。


配給オフィス・シロウズ、スローラーナー
制作国日本 (2005)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2006年04月08日より渋谷シネ・アミューズ(レイト)ほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
脚本
製作
プロデューサー
協力プロデューサー
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
内藤剛志 (Takeshi Naito)リンゴォ
室井滋 (Muroi Shigeru)伊奈子
本田章一
江口のりこ (Eguchi Noriko)有紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック