沈黙の追撃

クライマックス3本分!ダム、潜水艦、オペラ劇場で、セガール節が炸裂する!”沈黙”シリーズ最新作が登場!

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

南米ウルグアイの米国大使館で、シークレットサービスが大使を射殺し、自分たちも撃ち合って死ぬという事件が起きた。事件の背後には、マインド・コントロールの専門家レイダー博士がいた。ダムに隠された秘密基地に米軍の特殊部隊が送り込まれたが、待ち伏せを受けて壊滅。打つ手がなくなった軍は、問題を起して収監されている元海軍のエリート、コーディーを呼び出すことにする。コーディーこそが、あの”沈黙の男”だった。


解説

アクション映画の中に、いくつかのジャンルがあるが、その中に「セガールもの」というジャンルがあってもおかしくない。苦虫を噛み潰したような顔で、素手でいとも簡単に相手を倒してしまうセガール。その前にはロマンスやユーモア、そして友情といった映画に欠かせないエッセンスさえも引き立て役だ。かたくなまでにセガールはセガール、「沈黙の男」なのである。今回は、いつもの「俺、セガール」映画よりもお金がかかっていそうだ。その分、いつになくセガールの出番が少なく、登場シーンもたいてい単独対決だ。もしかしてセガールはチームの仲間はずれなのか?いやいやセガールの闘いは1人が似合うのだ。70歳のジイさんになっても、セガールはセガールであり続け、スクリーンの中で誰かをぶん殴っていそうな気がする。あの偉大なチャールズ・ブロンソンのように。


配給アートポート、ギャガ・コミュニケーションズ
制作国アメリカ (2005)
ジャンルアクション 
公式サイト公式サイトはこちら

2006年01月28日より銀座シネパトスほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
製作
撮影監督
プロダクション・デザイン

キャスト

俳優名役名
スティーヴン・セガール (Steven Seagal)Cody (コーディー)
ヴィニー・ジョーンズ (Vinnie Jones)Henry (ヘンリー)
ゲイリー・ダニエルズ (Gary Daniels)Sharpe (シャープ)
ウィリアム・ホープ (William Hope)Fletcher (フレッチャー)
ニック・ブリンブル (Nick Brimble)Arian Lehder (レイダ)
P.H.モリアーティ (P.H. Moriarty)Chef (チーフ)
ロス・マッコール (Ross McCall)Plowden (プラウデン)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック