カルメン故郷に帰る

脚本と監督は『婚約指輪』の木下恵介、撮影は同じ作品の楠田浩之。

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

浅間山麓に牧場を営んでいる青山家の娘きんは、東京から便りをよこして、友達を一人連れて近日帰郷すると言って来た。しかも署名にはリリイ・カルメンとしてある。青山家ではそんな異人名前の娘は持った覚えが無いので、きんの姉のゆきは村の小学校の先生をしている夫の一郎に相談に行った。東京でストリップ・ダンサーになっているきんと朱実の派手な服装と突飛な行動とは村にセンセーションを巻き起こす…。


解説

わが国最初の総天然色映画として、松竹と日本映画監督協会が企画。出演者は、『宗方姉妹』の高峰秀子、『破れ太鼓』の小林トシ子、『てんやわんや』の佐野周二、『宗方姉妹』の笠智衆、『三つの結婚」』の佐田啓二の他に井川邦子、望月美惠子、小沢栄など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1951)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
企画
製作
制作補
撮影
美術
音楽
色彩技術

キャスト

俳優名役名
高峰秀子 (Takamine Hideko)リリイ・カルメンこと(おきん)
小林トシ子マヤ・朱実
坂本武青山正一
磯野秋雄青山一郎
望月優子青山ゆき
小池清青山直吉
佐野周二田口春雄
井川邦子田口光子
城澤勇夫田口清
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)丸野十造
三井弘次岡信平
笠智衆 (Ryu Chishu)校長先生
佐田啓二小川先生
山路義人村の青年
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック