クレージーの怪盗ジバコ

北杜夫の小説「怪盗ジバコ」を、『クレージー黄金作戦』の坪島孝が監督したコメディ。

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

人相、年齢、国籍不明の国際的大怪盗ジバコが、予告つきで日本にやってきた。何しろ、ゴリラからマリリン・モンローまで化けることが出来、その上、いかなる錠前もあけることが出来るという怪盗で、世界各国の銀行を破産させること百三十八回、内閣を総辞職に追い込むこと三回、そのために更迭させられた警視総監はその数を知らず、という経歴の持主だから、警視庁が色めきたったのも当然だった。やがて警官が待機する空港に下りたジバコは、鈴木刑事に変装して消えてしまう…。


解説

『南太平洋の若大将』の田波靖男と、市川喜一が脚色し、撮影はコンビの内海正治。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1967)
ジャンルコメディ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
整音
照明
編集
衣裳
製作担当者
助監督
記録
スチール
合成
振付

キャスト

俳優名役名
植木等 (Hitoshi Ueki)怪盗ジバコ
谷啓 (Kei Tani)怪盗ジバコ
犬塚弘怪盗ジバコ
桜井センリ怪盗ジバコ
石橋エータロー怪盗ジバコ
安田伸怪盗ジバコ
ハナ肇 (Hajime_Hana)怪盗ジバコ
アンドリュー・ヒューズ怪盗ジバコ
R・バルボン怪盗ジバコ
ハナ肇 (Hajime_Hana)明智少伍郎
谷啓 (Kei Tani)鈴木次郎
犬塚弘中塚
桜井センリ老婆
石橋エータロー大池の秘書の男
浜美枝 (Mie Hama)姫野ナナ
豊浦美子眉田洋子
東野英治郎 (Eijiro Tono)警視総監
進藤英太郎大池
柳谷寛南小路
アンドリュー・ヒューズアルカ・ホネ
ハンス・ホルネフウナ・ギーメシ
桐野洋雄ケーリンジャー
R・バルボンレロレロ・ヘブン
草川直也アナスキー
左卜全右翼の大立物
藤田まこと (Makoto Fujita)担当大臣
安藤孝子芸者
立川談志工員
山本リンダゴーゴーを踊る娘
広瀬正一タクシー運転手
佐田豊東西観光人事部長
宇野晃司記者
木の実ナナ (Nana_Kinomi)女性歌手
小川安三警官
鈴木和夫警官
加藤春哉警官
人見明警官
安田伸警官
青島幸男警官
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック