まむしの兄弟 恐喝三億円

“まむしの兄弟”シリーズ六作目。

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

久し振りに出所し、娑婆に出て来たゴロ政が神戸に戻って来たところ、勝が当り屋に失敗して入院していた。政は、勝をはねたのが、神洋交易の社長・李楊徳の娘麗花と知り、李をゆすって三百万円の見舞金を出させようと、ゴルフ場で李に凄んだ。ところが、ゴルフ場で李は、やくざ・安武とボールにつめた麻薬の取り引きをしていたのだが、それとは知らない勝がボールを持ち返ってしまったために、用心棒の広津建に三百万円の小切手を渡して二人を追わせたが…。


解説

二人合わせて前科四十犯の大貫緑をつけた、まむしの兄弟が、麻薬組織に喰い込み、麻薬Gメンそこのけの大活躍で組織を壊滅させるまでをコミカルに描く。脚本は『やくざ対Gメン 囮』の高田宏治、監督は脚本も執筆している『恐怖女子高校 暴行リンチ教室』の鈴木則文、撮影も同作の鈴木重平がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1973)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
菅原文太 (Bunta Sugawara)ゴロ政
川地民夫不死身の勝
松方弘樹 (Hiroki Matsukata)広津健
堀越光恵李麗花
三島ゆり子花江
女屋実和子洋子
河津清三郎李楊徳
渡辺文雄安武弥一郎
今井健二宗方巌
林彰太郎ウルフの鉄
高並功正木豊
川谷拓三国東仙吉
片桐竜次熊坂
広瀬義宣才八
早乙女りえみどり
一の瀬玲奈まゆみ
菅井きんたみ
武智豊子 (Toyoko Takeche)老婆
那須伸太朗洋品店主
汐路章 (Akira Shioji)ベレー帽の男
大泉滉門衛
野口貴史支配人
山田良樹高林
矢部義章店員
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック