女と三悪人

『妻あり子あり友ありて』の井上梅次が脚本を書き監督したコメディ・タッチの時代劇。

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

江戸は両国、泥棒横町を一座の本拠とする女座長の瀬川喜久之助には、大道芸人の元締めとして睨みをきかす竜運和尚、一座のお囃子をつとめる浪人鶴木勘十郎が首ったけ。ある日、スリの一味と間違えられた旅の男が、この一座に逃げ込んだ。役者くずれの流れ者芳之助だが、鶴木の機転で「弁天小僧」の一幕を見事にこなし、捕方の眼をくらますことができた。そこで、一座では喜久之助に邪恋を抱く楽之助の代役を頼もうとしたか、すでに芳之助の姿は見当らなかった。その芳之助は居酒屋たる平で鶴木に会い、初めて喜久之助に引き合わされ…。


解説

撮影は『大菩薩峠 竜神の巻』の今井ひろし。出演は『続 悪名』の勝新太郎、『大菩薩峠 竜神の巻』の市川雷蔵、『黒い十人の女』の山本富士子など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1962)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
山本富士子 (Yamamoto Fujiko)瀬川喜久之助
勝新太郎 (Shintaro Katsu)竜運和尚
中村玉緒 (Nakamura Tamao)お光
大木実鶴木勘十郎
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)芳之助
小林勝彦生首の銀次
浦路洋子照奈
中村豊からす金の弥三
島田竜三楽之助
三島雅夫但馬屋徳右衛門
立原博盲目の柳全
南条新太郎奉行
嵐三右衛門松右衛門
小林重四郎目明し紋次
寺島雄作六造
毛利郁子街の女
近江輝子飴売のおかみ
潮万太郎易者の三伯
尾上栄五郎団三
東良之助茂平
市川謹也翫五郎
天野一郎久松
浅尾奥山一座の男A
高倉一郎一座の男B
玉置一恵番頭栄作
伊達三郎 (Saburo Date)たる平の客甲
小柳圭子一座の女A
小林加奈枝風車売の老婆
横山文彦一座の男C
堀北幸夫賭場の男
越川一たる平の客乙
沖時男目明し吉松
三上哲片手の乞食
大杉潤賭場の男
浜田雄史賭場の男
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック