ディバージェンス 運命の交差点

刑事、弁護士、殺し屋と、交わることのない3人の男たちの人生が交差する。香港を代表するトップスターの競演のアクション

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

刑事シュンは、実業家イウのマネーロンダリングに関わった証人を護送中、殺し屋コークに証人を射殺されてしまう。立件が不可能になったシュンは、イウを問いつめるが、イウの弁護士トウにたしなめられる。10年前に恋人のフォンが失踪したシュンは、まだその痛手から立ち直っていなかった。さらにトウの妻エイミーがフォンと瓜二つなのを知り、動揺するシュン。そんな矢先、イウの息子が行方不明になる。シュンは事件の手がかりを求めているうち、殺し屋コークと出会う。やがてシュン、コーク、トウの3人の男たちの運命が交差していく。


解説

アーロン・クォック、イーキン・チェン、ダニエル・ウーという香港のトップスターが共演する話題作が、この『ディバージェンス 運命の交差点』だ。主人公は失踪した恋人を忘れられず、いつまでも彼女の面影を探し求める刑事・シュン。弁護士トウの妻を自分の恋人だと思いつめていくなど、エキセントリックに感情を発するシュンを熱演するアーロン・クォックは、この作品で台湾金馬奨主演男優賞を受賞している。イーキンとダニエルは今回は助演にまわった感じだが、ダニエルは謎めいた殺し屋を魅力的に演じ、ニン・チンとの絡みのエピソードも含め、出番は多くないながらも強い印象を残した。ストーリー的には、アーロンの失踪した恋人の行方、そしてやはり行方不明になったイウの息子の生死、謎の絞殺魔といった謎解きの要素もあるが、息子を探し求める悪玉イウのサイド・ストーリーが強すぎて、謎解きをしばし忘れてしまうのが欠点かもしれない。


配給エスピーオー
制作国香港 (2005)
ジャンルアクション 
公式サイト公式サイトはこちら

2006年04月22日よりCINEMART 六本木ほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
アクションデザイン
脚本
製作総指揮
撮影
美術
音楽
主題歌
編集
日本語字幕

キャスト

俳優名役名
アーロン・クォック (Aaron Kwok Fu Shing)Suen (シュン)
イーキン・チェン (Ekin Cheng)To (トウ)
ダニエル・ウー (Daniel Wu)Coke (コーク)
アンジェリカ・リー (Lee Sin-Je)Fong/Amy (フォン/エイミー)
エリック・ツァン (Eric Tsang)Choi (チョイ)
ニン・チン (Ning Jing)Ting (ティン)
ロー・ガーリョン (Lo Ka Leung)Yiu (イウ)
サム・リー (Sam Lee)Lion (レオン)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック