きつね

不治の病に冒された14歳の少女と、35歳の低温科学者との恋を北海道の根釧原野を舞台に描く。

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

初夏の根釧原野。霧に閉ざされた森の中で、この道東の研究所に派遣されていた大学の低温科学者緒方は、14歳の少女万耶と出会った。万耶は父親がなく、体が弱いため、独り保養に来ているのだった。夏休みになり、学生たちが帰省したので、緒方は万耶のいるホテルに移った。ふたりで楽しい時を過ごす緒方と万耶。だが、夏休みも終りに近づいたある日、緒方の愛人友紀がたずねてきた。友紀は人妻で、彼女とのスキャンダルが緒方の昇進を妨げている。万耶の胸に生まれて初めて嫉妬の炎が燃え、少女から恋する女に変わっていく…。


解説

脚本は『震える舌』の井手雅人、監督は新人の仲倉重郎、撮影は『凶弾』の坂本典隆がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1983)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
岡林信康緒方
高橋香織万耶
三田佳子 (Yoshiko Mita)友紀
原田大二郎三枝
野村昭子おたき
矢野宣管理人
小林哲子万耶の母親
谷部勝彦太郎
浜村純病院の爺さん
牧野恵子茅沼みどり
小島晴美榊優子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック