インサイド・マン

デンゼル・ワシントン×クライブ・オーウェン×ジョディ・フォスター豪華共演!衝撃の事実が潜むクライム・サスペンス

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

インサイド・マン

白昼のマンハッタン信託銀行で強盗事件が発生。頭脳明晰な犯人グループのリーダー・ダルトンは、50人の人質全員に自分たちと同じ服を着せる陽動作戦に出る。人質と犯人の見分けがつかない以上、突入は不可能。犯人グループから“型通り”の要求はあったものの、現場は膠着状態に。指揮を執る敏腕捜査官フレイジャーも、まったく焦りを見せないダルトンの真意をはかりかねていた。そんな中、銀行の会長から“特別”な依頼を受けた女弁護士が現場に現れる。


解説

銀行強盗犯と警察の応酬を鮮やかに描くクライム・サスペンス。エレガントでスマートな立ち振る舞いで魅せる、捜査官フレイジャー役にデンゼル・ワシントン。被害銀行の会長から雇われ、万事ソツなく行動するヤリ手弁護士役にジョディ・フォスター。そして単なる犯罪者とも思えない度量を持った強盗団リーダー、ダルトン役にクライブ・オーウェン。この3人の豪華共演が本国公開時にも大きな話題となったが、なかでもクライブは冒頭のモノローグから観客の興味を独占するほど、魅力的な頭脳犯を作りだした。一連の騒動のあとに驚愕の事実が待ち受ける傑作シナリオで、スパイク・リー監督に大抜擢されたラッセル・ジェウィルスは、これが初の映画化作品となる新鋭。


配給UIP映画
制作国アメリカ (2006)
ジャンルスリラー/サスペンス 
公式サイト公式サイトはこちら

2006年06月10日よりみゆき座ほか全国にて



スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
製作
撮影
プロダクション・デザイン
音楽
編集
衣装
共同製作
翻訳

キャスト

俳優名役名
デンゼル・ワシントン (Denzel Washington)Detective Keith Frazier (キース・フレイジャー)
クライヴ・オーウェン (Clive Owen)Dalton Russell (ダルトン・ラッセル)
ジョディ・フォスター (Jodie Foster)Madeleine White (マデリーン・ホワイト)
クリストファー・プラマー (Christopher Plummer)Arthur Case (アーサー・ケイス)
ウィレム・デフォー (Willem Dafoe)Captain John Darius (ジョン・ダリウス)
キウェテル・イジョフォー (Chiwetel Ejiofor)Detective Bill Mitchell (ビル・ミッチェル)
カルロス・アンダース・ゴメス (Carlos Andres Gomez)Steve (スティーブ)
キム・ディレクター (Kim Director)Stevie (スティービー)
ジェームズ・ランソン (James Ransone)Steve O (スティーブー・オー)
ピーター・ゲレティ (Peter Gerety)Captain Coughlin (コフリン)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック