赤ひげ

黒澤明が監督した文芸もの。

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

医員見習として小石川養生所へ住み込んだ保本登は、出世を夢みて、長崎に遊学したその志が、古びて、貧乏の匂いがたちこめるこの養生所で、ついえていくのを、不満やるかたない思いで、過していた。赤っぽいひげが荒々しく生えた所長新出去定が精悍で厳しい面持で、「お前は今日からここに詰める」といった一言で、登の運命が決まった。人の心を見抜くような赤ひげの目に反撥する登はこの養生所の禁をすべて破って、養生所を出されることを頼みとしていた…。


解説

山本周五郎原作“赤ひげ診療譚”より『天国と地獄』でコンビの井手雅人、小国英雄、菊島隆三、黒澤明が共同で脚色、撮影もコンビの中井朝一と斎藤孝雄。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1965)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
小道具
音楽
録音
整音
音響効果
照明
編集
衣裳
製作担当者
助監督
記録
スチル
撮影助手
編集助手

キャスト

俳優名役名
三船敏郎 (Toshiro Mifune)新出去定(赤ひげ)
加山雄三 (Yuzo Kayama)保本登
土屋嘉男森半太夫
江原達怡津川玄三
三戸部スエおたけ
七尾伶子 (Reiko Nanao)おとく
野村昭子おふく
辻伊万里おかち
小川安三竹造
団令子お杉
香川京子 (Kagawa Kyoko)狂女
藤原釜足 (Kamatari Fujiwara)六助
根岸明美おくに
山崎努 (Tsutomu Yamazaki)佐八
桑野みゆきおなか
東野英治郎 (Eijiro Tono)五平次
中村美代子おこと
三井弘次平吉
千葉信男松平壱岐
西村晃家老
志村喬和泉家徳兵衛
大木正司地廻り
広瀬正一地廻り
常田富士男地廻り
山口博義地廻り
古諸州地廻り
荒木道子娼家の女主人
杉村春子娼家の女主人
深井聰子娼婦
柳下悠紀子娼婦
青木千里娼婦
栗栖京子娼婦
二木てるみおとよ
頭師佳孝長次
大久保正信長次の父
菅井きん長次の母
柳永二郎利兵衛
藤山陽子 (Yoko Fujiyama)ちぐさ
内藤洋子まさえ
三津田健まさえの父
風見章子まさえの母
笠智衆 (Ryu Chishu)登の父
田中絹代 (Tanaka Kinuyo)登の母
富田恵子道の女
沢村いき雄むじな長屋の住人
佐田豊むじな長屋の住人
小林十九二むじな長屋の住人
本間文子 (Noriko Honma)むじな長屋の住人
出雲八重子むじな長屋の住人
宮田芳子むじな長屋の住人
堤康久むじな長屋の住人
左卜全入所患者
渡辺篤入所患者
池田生二入所患者
宇野晃司入所患者
鈴木和夫入所患者
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック