ドラゴン・プロジェクト

第18回、東京国際映画祭「アジアの風」部門正式出品作品。

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ドラゴン・プロジェクト

数年前に妻を亡くした二児の父親で、整体院を営むユー・シウボウ。彼の長男ニッキーは、オーシャン・パークのイルカ調教師であり、長女ナタリーは高校生だ。幼少のころから厳しい父からカンフーを教えられた兄妹だが、シウボウが元シークレット・エージェントだったという話はまったく信じておらず、今では親子の会話はほとんどなかった。ある日、電動車椅子に乗った謎の男、ロッコがシウボウのクリニックに現れた。そして、シウボウに“タイ・チロン”というコードネームを持つ、元エージェントの消息を尋ねる。12年前、タイ・チロンは軍人だったロッコの任務を妨害。捕らえられた彼は車椅子生活を強いられたことで、復讐を誓っていたのだ…。


解説

製作総指揮に世界のスーパースター、ジャッキー・チェン。アクション指導に『マトリックス』『カンフーハッスル』でハリウッドを震撼させた、ユエン・ウーピン。そして、監督はジャッキー自ら“香港映画界の次世代を担う”と賞賛する、俳優出身の俊英スティーブン・フォン。まさに、世代を越えた香港映画界の才能が集結した、“ニューエイジ・カンフー・アクション・エンタテインメント”。それが『ドラゴン・プロジェクト/精武家庭』だ!究極のカンフー・アクションと涙を誘う親子愛。『スパイキッズ』『Mr.インクレディブル』もかなわない、史上最強のスーパー・ファミリーがついに日本に上陸する!(作品資料より)


配給エスピーオー
制作国香港 (2005)
ジャンルアクション 
公式サイト公式サイトはこちら

2006年06月03日よりCINEMART 六本木ほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
脚本
エクゼクティブ・プロデューサー
プロデューサー
撮影
美術
音楽
編集
衣装
武術指導アドバイザー
撮影指導
日本語字幕

キャスト

俳優名役名
スティーヴン・フォン (Stephen Fung)Nicky (ニッキー)
アンソニー・ウォン (Anthony Wong)Siu Bo (シウボウ)
ジリアン・チョン (Gillian Chung)Natalie (ナタリー)
ダニエル・ウー (Daniel Wu)Jason (ジェイソン)
シャーリーン・チョイ (Charlene Choi)Ella (エラ)
ウー・マ (Wo Ma)Chiu (チウ)
マイケル・ウォン (Michael Wong)Rocco (ロッコ)
ジョシー・ホー (Josie Ho)Assassin (暗殺者)
ウィニー・リョン (Winnie Leong)
フィリップ・ン (Philip Ng)King (キング)
ジョナサン・パトリック=フー (Jonathan Patrick Foo)Sam (サム)
ジェイコブ・ストリックランド (Jake Strickland)Nelson (ネルソン)
ロー・ガーイン (Lo Ka Ying)Cab Driver (タクシードライバー)
ジェイソン・トビン (Jason J. Tobin)
樋口明日香
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック