花田少年史 幽霊と秘密のトンネル

幅広く愛される一色まことの傑作コミックを実写映画化!

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

花田少年史 幽霊と秘密のトンネル

近所でも有名なわんぱく少年・花田一路は、母・寿枝とケンカの毎日。そこに父、祖父、姉も加わり、花田家は貧しいながらも賑やかな日々を送っていた。ところがある日、一路はトラックと衝突する大事故に遭ってしまう。悲嘆に暮れる家族を下に見ながら天へと昇っていく一路だったが、女子高生の幽霊・聖子のおかげで奇跡の生還を果たす。しかしその影響からか、一路は幽霊が見えるという怖い能力を授かってしまうのだった。


解説

老若男女から愛されている一色まことのコミックを実写で映画化。ほのぼのとした笑いとホロリとくる感動を上手に編み上げた、質の高いファミリー映画だ。主人公の一路を演じるのは、『ALWAYS 三丁目の夕日』での演技が高い評価を受けた須賀健太。一路のまっすぐなわんぱくぶりを生き生きと表現していて、彼を見ているだけで心が暖かくなってくる。母親役の篠原涼子のサッパリとした演技、父親役の西村雅彦の緩急自在な演技も心地いい。VFXによってコミックらしさを出した演出も随所で光っている。モノと娯楽にあふれる現代だが、花田一家はそんなものなくても幸せそうに輝いている。その輝きを、ぜひ親子一緒に見てほしい。


配給松竹
制作国日本 (2006)
ジャンルドラマ SF/ファンタジー ファミリー/キッズ
公式サイト公式サイトはこちら

2006年08月19日より東劇、池袋シネマサンシャインほかにて



スタッフ

監督
脚本
原作
エグゼクティブプロデューサー
企画製作
製作
プロデューサー
撮影
美術
音楽
音楽プロデューサー
主題歌
録音
照明
編集
助監督
装飾
製作担当
テクニカルスーパーバイザー
VFXプロデューサー
VFXスーパーバイザー

キャスト

俳優名役名
須賀健太 (Kenta Suga)
篠原涼子 (Shinohara Ryoko)
西村雅彦 (Masahiko Nishimura)
北村一輝 (Kazuki Kitamura)
安藤希
杉本哲太 (Tetta Sugimoto)
もたいまさこ (Motai Masako)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック