姐御 〜ANEGO〜

『ベルベット・レイン』ウォン・ジンポー監督の香港マフィア映画。

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

姐御 〜ANEGO〜

香港最大の黒社会組織を牛耳る百徳と部下の阿九は、敵対する兄弟を殺害。その後、阿九一家は、復讐心に燃える未亡人の洛華によって殺されてしまう。阿九は息を引き取る直前に、生き残った娘のフィービーを百徳に託す。その18年後、フィービーは心優しく美しい女性に成長していた。百徳は組織を引退して、彼女とともに海外で余生過ごそうと心に決めるのだが、その矢先に百徳は何者かに狙撃され命を落とす。そしてアメリカ留学から帰ってきたフィービーは、百徳の遺言により“阿嫂(親分の妻)”として組織を担うことに。彼女は、自分なりの方法で抗争に終止符を打とうとするのだが…。


解説

『ベルベット・レイン』で2005年香港電影金像奨の新人監督賞を受賞した、ウォン・ジンポー監督による最新作。『恋の風景』などでお嬢様的なイメージの強い香港の美人女優カリーナ・ラムが、やくざの姐御役を演じて話題を呼んだ作品。彼女に相対するのは、台湾の新人女優・アニー・リウ。ある日突然組織を担うことになる、ボスの養女役に大抜擢された。『インファナル・アフェア』など香港黒社会のボス役でおなじみのエリック・ツァン、アンソニー・ウォン、ツェ・クァンホウ、中国のリウ・イエら、“影帝”が脇を固めている。 原題の“阿嫂”とは、“親分の妻”つまり姉御という意味。(作品資料より)


配給日本スカイウェイ
制作国香港 (2005)
ジャンル任侠/時代劇 
公式サイト公式サイトはこちら

2006年07月22日よりシアター・イメージフォーラム(レイト)にて



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽

キャスト

俳優名役名
カリーナ・ラム (Karena Lam)Nova (ノヴァ)
アニー・リウ (Annie Liu)Phoebe (フィービー)
サイモン・ヤム (Simon Yam)Chance (チャンス)
エリック・ツァン (Eric Tsang)Gent (表記なし)
アンソニー・ウォン (Anthony Wong)Whacko (表記なし)
アレックス・フォン (Alex Fong)Buddy (表記なし)
リィウ・イエ (Liu Ye)Pilot (表記なし)
ツェ・クァンホウ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック