ワールド・トレード・センター

巨匠オリバー・ストーンが“9・11”を映画化! 絶望の中で光り輝いた希望を描く感動ドラマ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

2001年9月11日、午前8時40分過ぎ。ニューヨークのシンボルともいえる2つのタワー、世界貿易センター北棟にアメリカン11便が、南棟にユナイテッド175便が激突した。港湾局警察官(PAPD)のジョン・マクローリンとウィル・ヒメノは同僚と現場に急行、人命救助のためビル内部へと向かう。しかしその時、再び轟音が鳴り響き、ビル全体が崩壊を始める。奇跡的に生き残った2人だが、瓦礫の下敷きとなり身動きすら取れなくなっていた……。


解説

史上最悪の悲劇となった“9・11”から5年。瓦礫の下から奇跡の生還を果たした警察官2名とその家族、彼らの救助活動にあたった人々など、数多くの証言から事件当日を忠実に映画化した作品が誕生した。監督は、これまで3度のアカデミー賞に輝く巨匠オリバー・ストーン。彼は本作から一切の政治色を排し、絶望の中にあっても光輝く人々の勇気、希望、助け合う姿を見つめる、感動的な人間ドラマに仕上げた。撮影では、在りし日の世界貿易センターをロスに再現。あまりのリアルさに、エキストラとして出演を果たした証言者たちは涙を流したという。主演は、名優ニコラス・ケイジと『クラッシュ』のマイケル・ペーニャ。身動きもとれず、ホコリが容赦なく舞い上がる中での2人の熱演は、見ている側まで息苦しくなるほど真に迫っている。


配給UIP映画
制作国アメリカ (2006)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2006年10月07日より日劇1ほか全国にて



スタッフ

監督
脚本
原案
製作総指揮
製作
撮影
プロダクション・デザイン
音楽
編集
視覚効果
翻訳

キャスト

俳優名役名
ニコラス・ケイジ (Nicolas Cage)John McLoughlin (ジョン・マクローリン)
マイケル・ペーニャ (Michael Pena)Will Jimeno (ウィル・ヒメノ)
マリア・ベロ (Maria Bello)Donna McLoughlin (ドナ・マクローリン)
マギー・ギレンホール (Maggie Gyllenhaal)Allison Jimeno (アリソン・ヒメノ)
アルマンド・リスコ (Armando Riesco)Antonio Rodrigues (アントニオ・ロドリゲス)
ジェイ・ヘルナンデス (Jay Hernandez)Dominick Pezzulo (ドミニク・ペズーロ)
ウィル・ヒメノ (William Jimeno)Port Authority Officer (警察官)
マイケル・シャノン (Michael Shannon)Dave Karnes (デイブ・カーンズ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック