殺人狂時代

岡本喜八が監督したコメディ・アクション。

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

犯罪心理学の大学講師桔梗信治はある日、驚くべき人物の訪問を受けた。男は「大日本人口調節審議会」の間淵で、信治の命を貰うと言う。しかし、間淵は信治の亡き母のブロンズ像を頭に受けてあっけなく死んだのだが、信治は単身「審議会」に対することになった。この団体は、実は人口調節のために無駄な人間を殺すのが目的で、会長はヒットラーに心酔する精神病院の溝呂木院長、それに元ナテスのブルッケンマイヤーが加わっていた。信治は、ブルッケンマイヤーが仕事の手始めとして電話帳から無差別に選んだ一人だったのである。


解説

都筑道夫の原作「飢えた遺産」(東都書房刊)を、『暗黒航路』の小川英、『黒い賭博師 悪魔の左手』の山崎忠昭と『大菩薩峠(1966)』の岡本喜八が共同で脚色し、岡本喜八が監督したコメディ・アクション。撮影は『これが青春だ!』の西垣六郎。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1967)
ジャンルコメディ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
仲代達矢 (Tatsuya Nakadai)桔梗信治
団令子鶴巻啓子
砂塚秀夫大友ビル
天本英世溝呂木省吾
滝恵一池野
富永美沙子義眼の女
久野征四郎松葉杖の男
小川安三間淵
江原達怡青地
川口敦子小松弓江
大前亘オバQ
伊吹新アトム
長谷川弘ソラン
二瓶正也パピイ
大木正司
樋浦勉
ブルーノ・ルスケブルッケンマイヤー
沢村いき雄老殺し屋
丘照美小柄な女
深井聰子大柄な女
草川直也編集長
宇野晃司首の長い男
中山豊笑う狂人
浦山珠実ウィンクする狂人
山本廉咆える狂人
出雲八重子法華の狂人
土屋詩朗羽織袴の狂人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック