グエムル −漢江の怪物−

ソウル市内の中心部を流れる川に、ある日突然「怪物」が現れ、人々を襲い始めた。韓国のヒットメーカーが放つ、驚異のモンスタームービー!

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

グエムル −漢江の怪物−

ソウル市内を流れる川、漢江のほとりで売店を営む一家がいた。家長ヒポンの長男カンドゥは、いい大人なのに店番すら頼りにならないが、娘のヒョンソを愛する気持ちは人一倍強かった。行楽客でにぎわうのどかな午後、人だかりのする方へ行ったカンドゥンは、橋にぶら下がり、うごめく大きな”何か”を目撃する。そして”何か”は土手に這い上がり、あっという間に人々を襲って喰い始めた。そして逃げる途中、娘のヒョンソはその怪物にさらわれてしまう。その夜、一本の電話がカンドゥンにかかってきた。「おとうさん、助けて…」。


解説

『ほえる犬は噛まない』『殺人の追憶』と作る作品が全て面白い、韓国のポン・ジュノ監督。その長編3作目となる本作も、当然のように期待を裏切らない出来ばえだ。都会のド真ん中に「怪物」が現れ、人々を恐怖に陥れるが、それはゴジラのような怪獣ではなく、恐竜ほどの大きさの動きが素早いモンスターだ。そしてそれに立ち向かうのは、軍隊や科学者、TVレポーター、ではなく、社会から落ちこぼれたような一家。笑える場面もあるが、しかし本作は決してコメディやパロディではない。残酷なシーンについギャグを入れてしまうスピルバーグ作品にも通じる、シリアスとユーモアが不思議な感じでブレンドされている、独特の持ち味がある作品なのだ。平和な土手が一瞬にして阿鼻叫喚の地獄絵図と化してしまう冒頭のシーンは、何度でも見たくなるだろう。


配給角川ヘラルド映画
制作国韓国 (2006)
ジャンルパニック 
公式サイト公式サイトはこちら

2006年09月02日より有楽町スバル座ほか全国東宝洋画系にて



スタッフ

監督
アニメーション
脚本
原案
製作総指揮
製作
共同製作
撮影
美術
音楽
録音
音響
照明
編集
衣装
メイク
VFXスーパーバイザー
視覚効果
字幕翻訳

キャスト

俳優名役名
ソン・ガンホ (Song Kang ho)Park Gang Du (パク・カンドゥ)
ピョン・ヒボン (Byeon Hie-bong)Park Hie bong (パク・ヒボン)
パク・ヘイル (Park Hae-il)Park Nam il (パク・ナミル)
ペ・ドゥナ (Bae Doo-na)Park Nam Joo (パク・ナムジュ)
コ・アソン (Ko Ah sung)Park Hyun seo (パク・ヒョンソ )
イ・ドンホ (Lee Dong ho) (セジュ)
イ・ジェウン (Lee Jae eung) (セジン)
ヨン・ジェムン (Young Jae eun) (ホームレスの男)
キム・ロハ (Kim Lo ha) (黄色い服の男)
パク・ノシク (Park No-shik) (影/私立探偵)
イム・ピルソン (Im Phir-Seong) (ナミルの同級生)
コ・チャンソク (Ko Chang-seok)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック