若親分千両肌

『脱獄者』の池広一夫が監督した“若親分”シリーズ第八作目。

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

南条武は、栄吉という男と間違われて何者かに襲われ、奇術一座の辰丸に助けられた。一座と共に宇島に来た武は、栄吉が青柳組親分の竜作の息子で、竜作の養女君江の許婚者でもあり、長い間行方不明の男だと知った。青柳組の代貸黒崎は、竜作の病気をよいことに、勝手に組を取り仕切っていた。ある日、武はかつての同期生水上海軍少尉と会い、青柳組が建設中の海軍秘密兵器工場を訪ねて、酸素魚雷の発射実験を見学した。翌日、その工場が爆破された上、秘密兵器の設計図が盗まれてしまった。その疑いは武と水上少尉、それに竜作にかかった。武は一週間以内に真犯人を捕えると確約し事件の捜査にかかった。


解説

『女の賭場』の直居欽哉がシナリオを執筆し、『脱獄者』の池広一夫が監督した“若親分”シリーズ第八作目。撮影は『兵隊やくざ殴り込み』の武田千吉郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1967)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)南条武
藤村志保 (Fujimura Shiho)青柳君江
久保菜穂子葉子
坂本スミ子 (Sumiko_Sakamoto)春野かすみ
藤巻潤 (Jun Fujimaki)水上正信
長門勇弁天斎辰丸
東野英治郎 (Eijiro Tono)青柳竜作
山口崇青柳栄吉
財津一郎サブやん
三島雅夫大杉天道
北城寿太郎黒崎勇次
織本順吉 (Junkichi Orimoto)赤松寅吉
近藤宏岩造
五味龍太郎沢井塾頭
上野山功一早坂少佐
守田学荒牧憲兵曹長
仲村隆吉村少佐
伊達三郎 (Saburo Date)ドラゴンの鉄
木村玄江藤少尉
塩崎純男北川中尉
阿部脩熊井上水
山本一郎水兵A
佐々五郎水平B
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック