男の嵐

松浦健郎原作、中川信夫監督の任侠もの。

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

大正の末。烏山の町。渡世人稼業の万力一家に浜千鳥一家が殴り込みをかけた。老親分仁作を斬った男は無宿の渡世人、人呼んで乱菊の松次郎だった。それから三年。北海道の或る飯場に坑夫として働く松次郎に酒保で女中をしているお時は想いを寄せていた。悪徳飯場監鬼熊に彼女は手ごめにされそうになる。その窮地をピストルの剣次が救った。剣次とは、元万力一家の乾分亀助の弟で、卑劣な万力助五郎は、乾分の亀助を自ら殺しておきながら、これを敵の浜千鳥一家の梅吉に罪を被せ、この炭坑に潜んでいることをいい兄の仇として梅吉を狙わせるべくここに差し向けたのだった。


解説

「銀座の次郎長」の松浦健郎が原作、脚本を執筆、中川信夫が監督した任侠もの。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1963)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
スチル

キャスト

俳優名役名
村田英雄乱菊松次郎
青山京子お時
五月みどり紅子
中西杏子月江
水原ユカリ道子
山本豊三ピストルの剣次
清川新吾梅吉
小林重四郎万力助五郎
大友純坊主の七造
林寛浜千鳥仁作
若宮隆二鬼熊
千葉隆三所長
南郷佑児放れ駒
今井健太郎シャモ
隼信吉カマイタチ
大崎健二小虎
青空東児雁太
新川二郎新二郎
西川賢二青吉
冬木京三佐原巡査部長
美舟洋子カフェーの女給A
東京子カフェーの女給B
月野道代食堂係りの婆さん
湊川みさ代食堂係りの婆さんB
リーガル天才坑夫A
リーガル秀才坑夫B
藤沢登志夫祭りの唄い手
浅草次郎祭りの唄い手
寿々千恵子祭りの唄い手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック