スキャナー・ダークリー R-15

フィリップ・K・ディックの近未来SF小説を映画化。ジャンキーたちへのレクイエム

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

スキャナー・ダークリー

「物質D」と呼ばれる幻覚剤など、ドラッグが蔓延している今から7年後のアメリカ。覆面捜査官のボブ・アークターは「フレッド」というコードネームで、「物質D」の供給源を探るおとり捜査を行なっていた。普段は「スクランブル・スーツ」に身を包んでいるため、同僚すら彼の正体は知らない。ボブは捜査と監視のためにジャンキーのバリス、ラックマンと共同生活を営み、さらには売人のドナと恋人関係にまでなっていたのだが……。


解説

『ブレードランナー』や『マイノリティ・リポート』など、数々の小説が映画化されてきたフィリップ・K・ディック。そんな彼の作品の中でも高い人気を誇っていた「暗黒のスキャナー」がついに映画化された。新型ドラッグと監視システム、スクランブル・スーツの3つのSF要素が絡み合い、悲痛な近未来の姿を描きだしていく。この世界をスクリーンへと映し出したのは、リチャード・リンクレイター監督。『ウェイキング・ライフ』で見せた実写映像にデジタルペイントする方式のアニメーションを再び採用し、ドラッグの幻覚症状、そして現実から乖離したような不思議な感覚を味あわせてくれる。


配給ワーナー・ブラザース映画
制作国アメリカ (2006)
ジャンルアニメーション スリラー/サスペンス
公式サイト公式サイトはこちら

2006年12月09日よりシネセゾン渋谷ほかにて



スタッフ

監督
脚本
原作
プロデューサー
撮影監督
プロダクション・デザイナー
音楽
編集
コスチューム・デザイナー

キャスト

俳優名役名
キアヌ・リーヴス (Keanu Reeves)Bob Arctor (ボブ・アークター)
ロバート・ダウニー・Jr. (Robert Downey Jr.)James Barris (ジム・バリス)
ウディ・ハレルソン (Woody Harrelson)Ernie Luckman (アーニー・ラックマン)
ウィノナ・ライダー (Winona Ryder)Donna Hawthorne (ドナ・ホーソーン)
ローリー・コックレイン (Rory Cochrane)Charles Freck (チャールズ・フレック)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック