パプリカ

日本を代表するSF作家・筒井康隆の傑作がついに映画化。夢のテロリストに美少女ヒロインが立ち向かう!

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

パプリカ

精神医療研究所に勤務しているサイコ・セラピストの千葉敦子は、所長からの依頼で極秘の治療を行っていた。それは機器を使ってクライアントの夢の中に入り込んで行うもので彼女はその時、“パプリカ”として、全く別の人格を持つ。夢の中でクライアントは、彼女と行動することにより、問題の解決法を見出していく。ある日、同僚が開発した最新にして危険も孕むサイコ・セラピー機器が盗まれ、敦子らの目の前で所長に異変が起きる。


解説

1993年に出版され、「七瀬」三部作の火田七瀬、「時をかける少女」の芳山和子に匹敵するヒロインを生み出した、筒井康隆の同名小説をアニメ化。主人公は二面性を持つ女性。美貌のサイコ・セラピストと、美少女夢探偵として、摩訶不思議な空間に見る者をいざなう。いまだ未知の領域でありつづける夢の領域を舞台にしたストーリーは、筒井ならではの着眼点と発想の豊かさで、めまぐるしく展開。この本格サイコ・サスペンスのアニメ化という難題を、『千年女優』『東京ゴッドファーザーズ』の今敏が見事クリアしてみせた。圧倒的なパワーと魅力で迫ってくる、ファンタジックでクレイジーな世界は、目を見張る出来だ。


配給ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作国日本 (2006)
ジャンルアニメーション SF/ファンタジー
公式サイト公式サイトはこちら

2006年11月25日よりテアトル新宿ほか全国にて



スタッフ

監督
脚本
原作
企画
プロデューサー
制作プロデューサー
キャラクターデザイン
作画監督
撮影監督
美術監督
音楽
編集
色彩設計
音響監督
出演(声)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック