ひばり捕物帖 かんざし小判

瀬戸口寅雄の原作から、彼自身と中田竜雄が脚色し、『江戸の名物男 一心太助』の沢島忠が監督した。

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

老中阿部伊予守の妹妙姫は姫様暮しをきらって、十手をあずかり阿部川町のお七と名乗った。彼女が選ばれた江戸美人番附の行列の最中、その一人が殺され、かんざしが盗まれた。お七は手下の五郎八を連れて、方々を調べ、それが桜とほられた古渡りの品と知った。その途中、兵馬という酔っぱらいの喧嘩屋の浪人と知合った。新橋の芸者清葉が殺されこれもかんざしを盗られた。梅のかんざし。彼の兄は源次といい、大泥棒稲葉小僧の一味だった。彼らが松永藩邸から盗みだしたのが例のかんざしだ。三本一組。それで、松永藩の財宝のありかが判る。もう一本は源次の妹お菊が所在を知っている…。


解説

小説の泉に連載された瀬戸口寅雄の原作から、彼自身と中田竜雄が脚色し、『江戸の名物男 一心太助』の沢島忠が監督した。撮影は『緋ざくら大名』の松井鴻。主演は『丹下左膳(1958)』の美空ひばりに東千代之介、それに里見浩太郎。色彩はイーストマン東映カラー。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1958)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
美空ひばり (Misora Hibari)阿部川町のお七
堺駿二早耳の五郎八
松風利栄子喜代文
星十郎宅悦
尾上鯉之助阿部伊予守
杉狂児寺尾十内
山口勇猫目の権八
富久井一朗
熊谷武筑紫屋伝兵衛
岡島艶子お民
中島栄子お小夜
中村時之介青山与平次
薄田研二志垣主水正
円山栄子澄江
里見浩太朗 (Kotaro Satomi)田宮大介
阿部九洲男那須刑部
遠山恭二大木孫四郎
中野文男竹内一角
東日出男瓦版売り
伊東亮英大島屋主人
竹原秀子お駒
北村曙美清葉
沢村宗之助伊賀の源次
花沢浩美お菊
藤木錦之助松永家家臣
石井麗子義経
吉本清子富樫
月山路子美人番附の娘達
西辻利々子美人番附の娘達
海野治子美人番附の娘達
加藤れい子美人番附の娘達
七条友里子美人番附の娘達
野崎邦江美人番附の娘達
若水美子小春太夫
東千代之介 (Chiyonosuke Azuma)佐々木兵馬
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック