森の石松鬼より恐い

『海賊八幡船』の沢島忠が監督した娯楽時代劇。

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

石井は新進演出家だが、残念ながら実力は発揮されていない。今日も今日とて「森の石松」の舞台緒古で意のままにならぬ役者どもに業をにやした彼は、助手の岡田ふみ子にあたりちらした。ふみ子を追っ払うと酒を飲み、寝こんでしまった。−−清水港の浜辺。「石さん」の叫び声に起き上った一人のやくざ、森の石松である。が「俺は新進演出家の石井だぞ」とマゲをむしりとろうとする始末。奇行続出で気ちがい扱いにされ、座敷牢に入れられてしまった。日が経ってどうやら奇行もおさまった石松は、次郎長に金比羅代参を命じられた。許婚のおふみと一緒とあって承知したが…。


解説

『庄助武勇伝 会津磐梯山』の小国英雄と『海賊八幡船』の鷹沢和善の共同脚本を、『海賊八幡船』の沢島忠が監督した娯楽時代劇。撮影は『親鸞』の坪井誠。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1960)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
萬屋錦之介 (Kinnosuke Yorozuya)森の石松(新進演出家)
丘さとみおふみ(演出助手岡田ふみ子)
大川恵子お民(七さんの女房)
進藤英太郎都鳥の吉兵衛(劇場支配人)
山形勲清水の次郎長(照明主任の長さん)
千秋実慌ての六助(石松役者)
中村時之介大政(大連役者)
片岡栄二郎 (Eijiro Kataoka)小政(小政役者)
沢村完之助勝沼の嘉助(ダフ屋)
青木茂芳太郎(嘉助の息子)
赤木春恵お蝶(劇場の掃除婦)
田中春男伝法の佐吉(月賦屋林)
八代目坂東三津五郎 (Bando Mitsugoro VIII)須走りの多蔵(劇場の守衛文吉爺さん)
加賀邦男手島の兼吉(殺陣師時さん)
尾形伸之介駒井の源三
汐路章 (Akira Shioji)
長島隆一三吉
有馬宏治為吉(船着場番人)
片岡半蔵医者
加藤れい子宿の女中(掛川宿ねじ金屋)
遠山恭二都鳥の子分
中村錦司都鳥の子分
藤木秀雄都鳥の子分
小森敏二人夫
鶴田浩二 (Koji Tsuruta)小松村の七五郎(寿司屋の七さん)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック