墨攻

アンディ・ラウ主演!日本が生んだ傑作コミックを、アジアが総力をあげて映画化した歴史スペクタクル超大作

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

墨攻

戦国時代。趙と燕の国境にある粱城は、趙によって攻撃されようとしていた。10万の趙軍に対し、梁城の全住民はわずか4000人。頼みの綱は墨家の救援部隊だったが、間に合いそうもなく、粱王は降伏を決断する。墨家の革離(かくり)がたった1人で駆けつけたのは、その直後だった。兵に関する全権を粱王から与えられ、早速城を守る準備に取りかかる革離。趙軍の指揮官・巷淹中は革離を好敵手と見なし、やがて激しい攻撃を開始する。


解説

戦乱の世で「非攻」を掲げ、しかし弱者を守るためには戦闘のプロとなった思想集団・墨家。彼らは儒家と並ぶ勢力を誇ったが、秦の時代に忽然と消滅。その後2000年の間に、史料がほとんど失われてしまった墨家は、今では一切が謎に包まれた存在だ。そんな彼らを題材にした小説とコミック「墨攻」。日本で生まれたこの作品は、海外でも熱烈なファンを獲得。その1人だった監督の熱意により、日本、韓国、香港、中国の3カ国4地域が手を結んだビッグ・プロジェクトとして、映画化が実現。優れた分析能力と的確な判断力を持つ革離役に香港の大スターアンディ・ラウ、敵将の巷淹中役に韓国の国民的俳優アン・ソンギと、各国から豪華キャストが集結。


配給キュービカル・エンタテインメント、松竹
制作国中国=日本=香港=韓国 (2006)
ジャンルアクション 
公式サイト公式サイトはこちら

2007年02月03日より丸の内ピカデリー1ほか全国松竹・東急系にて



スタッフ

監督
アクション監督
脚本
原作
エクゼクティブ・プロデューサー
プロデューサー
共同プロデューサー
撮影監督
美術
音楽
照明
編集
衣装
アソシエイト・プロデューサー
ライン・プロデューサー
字幕翻訳

キャスト

俳優名役名
アンディ・ラウ (Andy Lau)Ge Li (カクリ/革離)
アン・ソンギ (Ahn Sung-ki)Xiang Yan Zhong (コウエンチュウ/巷淹中)
ワン・チーウェン (Wang Zhiwen)King Liang (リョウオウ/梁王)
ファン・ビンビン (Fan Bingbing)Yi Yue (イツエツ/逸悦)
ニッキー・ウーZi Tuan (シダン/子団)
チェ・シウォン (Choi Siwon)Liang Shi (リョウテキ/梁適)
ウー・マ (Wo Ma)Royal Tutor (シト/使徒)
チン・シウホウ (Chin Siu Ho)Liang's General (ギュウシチョウ/牛子張)
サミー・ハン (Sammy Hung)Gao He Yong (コウガヨウ/高賀用)
シウ・シアントンWei Xiang (ビショウ/微詳)
リン・ヨンチェン (Lin Yong Jian)Cai Qiu (サイキュウ/蔡丘)
ワン・シュアンパオ (Wang Shuang Bao)Li Shu (リジュ/李樹)
チャン・リー (Zhang Li)Gu Jun (コキン/顧均)
周波Pu Le (ホラク/甫楽)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック