秒速5センチメートル

どれほどの速さで生きれば、きみにまた会えるのか。

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

秒速5センチメートル

小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。そんなある日、大雪の降るなか、ついに貴樹は明里に会いに行く…。貴樹と明里の再会の日を描いた『桜花抄』、その後の貴樹を別の人物の視点から描いた『コスモナウト』、そして彼らの魂の彷徨(ほうこう)を切り取った表題作『秒速5センチメートル』、三本の連作アニメーション作品。


解説

第59回毎日映画コンクールアニメーション映画賞受賞をはじめ、国内外で高い評価を受けた前作『雲のむこう、約束の場所』から2年、新海誠監督の待望の最新作『秒速5センチメートル』がいよいよ公開。新海監督がいちばん描きたかったものを凝縮した本作は、制作体制の面でも新海監督自身の原点に立ち返り、完全少人数制のもと細部まで監督本人が手を入れていくという、いわば個人スタジオ体制での制作で進行。そして主題歌には、現代を生きる人々にとって普遍性のある楽曲として山崎まさよしの「One more time, One more chance」新海作品の情感あふれる映像に、切なくも美しいメロディーが響き、心を揺さぶられずにはいられない、極上の連作短編アニメーションとなった。(作品資料より)


配給コミックス・ウェーブ
制作国日本 (2006)
ジャンルアニメーション ラブ・ストーリー ドラマ
公式サイト公式サイトはこちら

2007年03月03日よりシネマライズほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
演出
脚本
原作
絵コンテ
キャラクター原案
キャラクターデザイン
作画監督
撮影
美術監督
美術背景
音楽
主題歌
アフレコ演出
音響監督
編集
ラインプロデューサー
プロジェクト管理人
色彩設定
出演(声)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック