輝く夜明けに向かって

アパルトヘイト時代の南アフリカ。家族のために立ち上がった男の、数奇な運命を描く感動作!

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

輝く夜明けに向かって

1980年、アパルトヘイト政策下の南アフリカ。石油製油所で熱心に働くチャムーソは、当時の黒人としては裕福な暮らしをしていた。妻と二人の娘との平穏な暮らしを望む彼は、政治やANC(アフリカ民族会議)にも無関心。ある日、石油製油所が反対勢力に攻撃される。現場監督のチャムーソはテロリストを手引きした容疑で逮捕、拷問されてしまう。その拷問が妻の手に及んだ時、チャムーソは自由の戦士として立ち上がる決心をする。


解説

実在する<自由の戦士>、パトリック・チャムーソの波乱の半生を映画化。前半、南アフリカの厳しい人種差別の様子が描かれていくが、これがアパルトヘイト終結宣言の出される1991年、つまりつい最近まで続いていたという事実は、今さらながらに衝撃的だ。そして無実の罪で妻まで拷問されたチャムーソがANCに加わっていく後半では、民衆にとっては自由の戦士でも、当時の政府にとってはテロリストだった彼らの実態が、子細に語られていく。というのも、本作にはチャムーソ本人が全面的に協力しているのだ。その運命の数奇さと真実の重みに思わず涙するはずだ。


配給UIP映画
制作国アメリカ=フランス (2006)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2007年01月27日よりシャンテ・シネほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
製作
撮影
プロダクション・デザイナー
音楽
編集
衣装デザイン
翻訳

キャスト

俳優名役名
ティム・ロビンス (Tim Robbins)Nic Vos (ニック・フォス)
デレク・ルーク (Derek Luke)Patrick Chamusso (パトリック・チャムソ )
ボニー・ヘナ (Bonnie Henna)Precious Chamusso (プレシャス・チャムソ )
ムンセディシ・シャバング (Mncedisi Shabangu)Zuko September (ズコ・セプテンバ)
ツミショ・マーシャ (Tumisho Masha)Obadi (オバディ)
シセムビソ・キュマロ (Sithembiso Khumalo)Sixpence (シックスペンス)
テリー・ペト (Terry Pheto)Miriam (ミリアム)
ミシェル・バーガース (Michele Burgers)Anna Vos (アンナ・フォス)
マルコム・パーキー (Malcolm Purkey)Joe Slovo (ジョ・スロヴォ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック