次郎長三国志('63)

村上元三の原作より、『九ちゃん 刀を抜いて』のマキノ雅弘が監督した任侠もの。

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

清水港きっての暴れん坊次郎長が、二年ぶり清水港へ帰る途中、秋葉の馬定一家の賭場で、鬼吉という若者に惚れられ乾分を契った。この鬼吉が一目惚れした寿々屋の娘お千ちゃんの事で馬定一家の乾分と喧嘩をし、馬定一家の関東綱五郎が喧嘩口上の使者としてやって来たが、次郎長の侠気にうたれて綱五郎も次郎長の乾分となった。二人の乾分をもって気勢あがる次郎長に、次郎長が先生と呼ぶ小川武一の紹介で次郎長の乾分にと、伊藤政五郎がころがりこんだ。妻のぬいとも別れ名も大政と改め次郎長の盃を受けた。折から次郎長の叔父和田島の太左衛門が甲州津向の文吉に喧嘩を売られた。


解説

村上元三の原作より『大暴れ五十三次』のマキノ雅弘と山内鉄也が共同で脚色『九ちゃん 刀を抜いて』のマキノ雅弘が監督した任侠もの。撮影は、『柳生武芸帳 剣豪乱れ雲』の三木滋人。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1963)
ジャンル任侠/時代劇 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
鶴田浩二 (Koji Tsuruta)清水の次郎長
佐久間良子 (Sakuma Yoshiko)お蝶
山城新伍桶屋の鬼吉
松方弘樹 (Hiroki Matsukata)関東綱五郎
大木実大政
田中春男法印大五郎
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)増川仙右衛門
長門裕之 (Hiiroyuki Nagato)森の石松
大村文武追分の三五郎
富司純子 (Sumiko Fuji)お千
丘さとみ投げ節お仲
立川さゆりおもと
水島道太郎大熊
堺駿二駿吉
香川良介和田島の太左衛門
小畠絹子ぬい
御影京子おきね
藤田まこと (Makoto Fujita)佐太郎
原健策津向の文吉
加藤浩馬定
有川正治辰平
中村錦司三馬政
南方英二乾分A
和崎俊哉比奈の民蔵
神木真寿雄力蔵
進藤英太郎笊屋喜兵衛
東龍子おあき
堀正夫赤鬼の金平
水野浩寿々屋の亭主
鳳玲子内儀
阿部九洲男桶由
遠山金四郎乾分
名古屋一使番
那須伸太朗与力
楠本健二大岩
芦屋小雁助三
近衛十四郎小川武一
園佳也子女中
加賀邦男祐天仙之助
芦屋雁之助牢名主
片岡半蔵老人の囚人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック