あるスキャンダルの覚え書き R-15

2人のオスカー女優が、迫真の演技で真っ向勝負! じわじわと恐怖心が広がっていくサスペンス・ドラマ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

あるスキャンダルの覚え書き

ロンドン郊外の中学で歴史を教えるバーバラは、厳格で辛辣な性格から教え子だけでなく同僚からも疎まれ、孤立していた。そんなある日、若く美しい美術教師シーバが赴任してくる。「彼女こそ、私が待ち望んだ女性」と直感したバーバラは、彼女をこっそりと観察しては毎夜日記に“報告”していた。計画的にシーバに近付き、親しくなっていくバーバラ。だがそんなある日、シーバと15歳の教え子のセックス現場を目撃し…。


解説

主要キャストのジュディ・デンチとケイト・ブランシェットが、そろって米アカデミー賞の主演女優賞&助演女優賞にノミネートされた話題作。映画はベテラン教師・バーバラの目線で綴られていくが、ストーリーが進むにつれ、冷徹で客観的だと思われていた彼女の語りが、あまりに主観的で事実とかけ離れたものだと判明していく。積年の孤独に心を蝕まれた老女の妄想と暴走が、恐ろしくも醜く、そして悲しい。また幸せな家庭がありながら道を踏み外していくシーバが、見た目は平凡で大人しそうなところも、逆にリアリティがあって怖い。自らの戯曲を映画脚本化した『クローサー』で脚光を浴びたパトリック・マーバーの、深く鋭いセリフもスキャンダラス!


配給20世紀フォックス映画
制作国イギリス (2006)
ジャンルスリラー/サスペンス ドラマ
公式サイト公式サイトはこちら

2007年06月02日よりシャンテ・シネほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
脚本
原作
製作総指揮
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン
日本語版字幕

キャスト

俳優名役名
ジュディ・デンチ (Judi Dench)Barbara Covett (ババラ・コヴェット)
ケイト・ブランシェット (Cate Blanchett)Sheba Hart (シバ・ハト)
ビル・ナイ (Bill Nighy)Richard Hart (リチャド・ハト)
アンドリュー・シンプソン (Andrew Simpson)Steven Connolly (スティヴン・コナリ)
Tom Georgeson (Tom Georgeson)Ted Mawson (テッド・モソン)
マイケル・マロニー (Michael Maloney)Sandy (サンディ)
ショーン・パークス (Shaun Parkes)Bill Rumer (ビル・ルマ)
エマ・ケネディ (Emma Kennedy)Linda (リンダ)
シリータ・クマール (Syreeta Kumar)Gita (ジタ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック