不完全なふたり

別れを前にした夫婦の数日間を、オール・パリロケで描く大人のラブ・ストーリー

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

不完全なふたり

マリーとニコラは結婚して15年になる夫婦だ。彼らは友人の結婚式に出席するために、リスボンからパリへやってきた。その夜、食事の席で、ニコラは友人に自分たちが別れるつもりだと告げる。周りからは「理想のカップル」に見えた二人だが、その仲はいつの間にか冷え切っていた。結婚式のパーティの後、二人は喧嘩をしてしまい、ニコラは夜の街へ飛び出す。このまま二人は本当に別れてしまうのだろうか…。


解説

友人たちには「理想のカップル」に見える二人だが、その内面は当人たちにしか分からない。かつて愛し、長い間共に過ごした日々があるからこそ、お互いを傷つけてしまう愛の末期。その繊細な心の動きを、国内外で高い評価を得ている日本人監督・諏訪敦彦は、冷静に、そして誠実な目線で描いている。主人公の二人を演じるのは、『ネネットとボニ』のヴァレリア・ブルーニ=テデスキと『ソン・フレール−兄との約束』のブリュノ・トデスキーニ。二人は実際にも演劇学校時代からの古い知り合いで、息の合った演技を見せている。長い付き合いだが、時折すれ違いを感じてしまうという恋人たちにおすすめの作品。


配給ビターズ・エンド
制作国フランス=日本 (2005)
ジャンルラブ・ストーリー 
公式サイト公式サイトはこちら

2007年06月30日より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
構成
プロデューサー
撮影
アーティスティック・ディレクション
音楽
録音
整音
編集
衣裳

キャスト

俳優名役名
ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ (Valeria Bruni Tedeschi)Marie (マリ)
ブリュノ・トデスキーニ (Bruno Todeschini)Nicolas (ニコラ)
ナタリー・ブトゥフー (Nathalie Boutefeu)Esther (エステル)
ルイ=ドー・ド・ランクザン (Louis-Do de Lencquesaing)Vincent (ヴァンサン)
ジョアンナ・プレイス (Joana Preiss)Natacha (ナタシャ)
ジャック・ドワイヨン (Jacques Doillon)Jacques (ジャック)
アレックス・デスカス (Alex Descas)Patrick (パトリック)
レア・ヴィアゼムスキー (Lea Wiazemski)Eva (エヴァ)
マルク・シティ (Marc Citti)Romain (ロマン)
デルフィーヌ・シェイヨー (Delphine Chuillot)Alice (アリス)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック