天国の駅

二人の夫を殺し、戦後唯一人の女死刑囚として処刑された女の半生を描く

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和45年6月11日、東京小管拘置所内の処刑場で、一人の女がこの世に別れを告げ、天国への階段をのぼっていった。林葉かよ、47歳。−−昭和30年春。結城つむぎの織女として、また美人としても評判のかよは、まだ32歳の女盛りであった。夫の栄三は傷痍軍人で、下半身マヒの不具者だった。しかも初夜を迎えないままに出征したため夜な夜な嫉妬心のかたまりとなって、かよに辛くあたった。そんな彼女に目をつけて接近したのが巡査の橋本だった。満たされぬ日々に悶々とするかよと深い仲になるのに時間はかからなかった。妻の浮気を知った栄三は狂ったように折檻し、思いあまったかよは夫を毒殺する…。


解説

脚本は「空海」の早坂暁、監督は「パリの哀愁」の出目昌伸、撮影は「空海」の飯村雅彦がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1984)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽監督
音楽
音楽プロデューサー
主題曲
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
吉永小百合 (Sayuri Yoshinaga)林葉かよ
西田敏行 (Toshiyuki Nishida)田川一雄
三浦友和 (Tomokazu Miura)橋本浩一
真行寺君枝幸子
白石加代子福見辰江
山本緑はる子
高月忠佐々木(運転手)
佐川一郎大内
高野寛渡部
中田博久寒川
小甲登枝恵煙草屋のおかみ
増田順司署長
木村修店員
大久保正信老医師
掛田誠改札係
相馬剛三司会者
荒木経惟カメラマン
福原圭一番頭
木田三千雄駅員
大島博樹職人
河合絃司染め屋
八百原寿子女中A
ふくしまとしえ女中B
北野ゆり若い女の子
須賀良番頭A
泉福之助番頭B
吉岡伸祥番頭C
津奈美里ん芸者A
白川絹子芸者B
加藤ひさ子芸者C
神谷智美芸者D
五野上力田辺刑事
亀山達也地元の刑事A
山浦栄地元の刑事B
清水照夫警官A
福岡康裕警官B
谷本小夜子女看守A
伊藤慶子女看守B
城春樹男看守
久遠利三看守長
岡幸次郎看守A
高村和栄看守B
平井一幸看守C
武内亨牧師
坂田良造医師
高橋努検事
山田光一同級生
村添豊徳取調室書記
中村嘉葎雄 (Katsuo Nakamura)林葉栄三
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)福見康治
丹波哲郎 (Tetsuro Tanba)五十沢刑事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック