天使がくれたもの

素直になることを、忘れていませんか?

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

天使がくれたもの

高校1年生の日向舞は、初めて出来た友達、美衣子に連れられて、あるアパートに行く。そこは、美衣子の彼氏が友達と借りている部屋で、気さくな仲間が集まるたまり場になっていた。皆、初対面の舞を優しく迎えてくれたが、トビ職人のカグだけは、舞に悪態をついた。第一印象は最悪だったが、口は悪いが他の仲間より大人びているカグに舞は思いを寄せるようになる。しかし、カグの心の内を知らない舞は、自分に素直になれなかった。


解説

高校生から絶大な支持を受けたケイタイ小説、「天使がくれたもの」が映画に。原作者のChacoが、実体験を基に携帯サイト「魔法のiランド」で連載したもの。舞とカグは、好きという気持ちはあるのに、それぞれの家庭の事情から素直になる事が出来ない。そんな二人に後悔してもしきれないような衝撃的な結末が待っていた。素直になる事の大切さを教えてくれる。原作のメッセージがきっかけで“恋が実った”“復縁した”というカップルが続出したとか。映画になって、「天くれ」効果はさらに続きそう。主演は、清水由紀、鍵本輝他。舞役の清水由紀は、撮影中、自身の役でもある原作者のChacoと対面し、当時の話を伺ったとか。


配給パル企画
制作国日本 (2007)
ジャンルラブ・ストーリー ドラマ
公式サイト公式サイトはこちら

2007年09月29日よりシネマート六本木ほか全国にて



スタッフ

監督
脚本
原作
企画
企画協力
製作
プロデューサー
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
VE
制作担当
助監督
プロデューサー補
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック