さらば、ベルリン

連合軍占領下のベルリン。かつて愛した女性を救うため、男は隠された陰謀に立ち向かう…

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

さらば、ベルリン

ドイツ降伏後のベルリンに、ポツダム会議取材のためアメリカ人記者のジェイクが訪れる。彼の運転手を務める米兵のタリーは、裏側で、米軍の品を横流ししていた。やがてジェイクはタリーの情婦レーナが、かつて彼が愛した女性である事を知る。戦前、ベルリンに駐在していたジェイクは、人妻であるレーナと不倫関係にあった。そんな中、タリーが死体で発見される事件が起きる。渦巻く陰謀の中、ジェイクはレーナを救おうとするが…。


解説

「オーシャンズ」シリーズのコンビ、ソダーバーグ監督とクルーニーが、現代のフィルム・ノワールを作り上げた。舞台は四カ国が分割統治する占領下のベルリン。主人公はかつて愛した女性を救うために、陰謀に立ち向かっていく。本作で監督は、『カサブランカ』『第三の男』といった40年代の名作のスタイルを、現代に蘇らす事に挑戦した。モノクロフィルムに登場するのは「タフな男」と「謎めいた女」。そこには当然のように「愛と裏切り」がある。スタイルは40年代でも、個人の正義が大国の犠牲になるという視点は現代ならではのものだろう。『スパイダーマン』シリーズのトビー・マグワイアが、今までと違う「卑劣な男」を演じているのも見もの。


配給ワーナー・ブラザース映画
制作国アメリカ (2006)
ジャンルスリラー/サスペンス ドラマ
公式サイト公式サイトはこちら

2007年09月22日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて



スタッフ

監督
脚本
原作
製作総指揮
製作
撮影
美術
編集
衣装
作曲
字幕翻訳
字幕監修

キャスト

俳優名役名
ジョージ・クルーニー (George Clooney)Jake Geismer (ジェイク・ガイズマ)
ケイト・ブランシェット (Cate Blanchett)Lena Brandt (レナ・ブラント)
トビー・マグワイア (Tobey Maguire)Tully (タリ)
ボー・ブリッジス (Beau Bridges)Colonel Muller (マラ大佐)
トニー・カラン (Tony Curran)Danny (ダニ)
リーランド・オーサー (Leland Orser)Bernie (バニ)
ジャック・トンプソン (Jack Thompson)Congressman Breimer (ブライマ下院議員)
ロビン・ワイガート (Robin Weigert)Hannelore (ハネロレ)
ラヴィル・イシアノフ (Ravil Isyanov)General Sikorsky (シコルスキ将軍)
クリスチャン・オリヴァー (Christian Oliver)Emil Brandt (エミル・ブラント)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック