エディット・ピアフ 〜愛の賛歌〜

命の限り歌って愛して愛された悔いなき人生

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

エディット・ピアフ 〜愛の賛歌〜

1915年にパリのベルヴィルで生まれたエディットは幼くして両親と生き別れ、祖母が営む娼館に身を寄せる。一度は失明したものの奇跡的に回復し、後に大道芸人の父に引き取られ、日銭を稼ぐためにストリートで歌っているところを、名門クラブのオーナー、ルイ・ルプレに認められ、その歌声から“ピアフ(雀)”と名づけられる。やがて世界的なスター歌手となった彼女は生涯最愛の恋人マルセルと出会うのだった…。


解説

低く力強くしゃがれたユニークな声が魅力のピアフを、「愛の讚歌」「バラ色の人生」など名曲オンパレードの迫真の歌唱シーンも最晩年の老婆に成り果てた姿も、全身全霊を傾けて『世界でいちばん不運で幸せな私』のマリオン・コティヤールが演じ切る。貧しく孤独な子ども時代から47歳で死に至るまで、その波乱万丈の生涯には、エマニュエル・セニエが好演する娼婦ティティーヌをはじめ、必ず愛してくれる人がいた。常に愛されたいと切望し、また愛することにも貪欲だった彼女の感情面に注目して、その生き様をドラマティックに描いたのは、『クリムゾン・リバー2/黙示録の天使たち』の監督オリヴィエ・ダアン。脚本も手がけている。


配給ムービーアイ エンタテインメント
制作国フランス=チェコ=イギリス (2007)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2007年09月29日より有楽座ほか全国にて



スタッフ

監督
脚本
脚色
製作ディレクター
共同製作
製作
撮影監督
美術
音楽監督
オリジナル曲
音響
衣装
メイク
キャスティング
翻訳

キャスト

俳優名役名
マリオン・コティヤール (Marion Cotillard)Edith Piaf (エディット・ピアフ)
シルヴィー・テステュー (Sylvie Testud)Momone (モモヌ)
パスカル・グレゴリー (Pascal Greggory)Louis Barrier (ルイ・バリエ)
エマニュエル・セニエ (Emmanuelle Seigner)Titine (ティティン)
ジャン=ポール・ルーヴ (Jean-Paul Rouve)Louis Gassion (ルイ・ガシオン)
クロチルド・クロー (Clotilde Courau)Anetta (アネッタ)
ジャン=ピエール・マルタンス (Jean-Pierre Martins)Marcel Cerdan (マルセル・セルダン)
ジェラール・ドパルデュー (Gerard Depardieu)Louis Leplee (ルイ・ルプレ)
カトリーヌ・アレグレ (Catherine Allegret)Louise (ルイズ)
マルク・バルベ (Marc Barbe)Raymond Asso (レイモン・アッソ )
カロリーヌ・シロル (Caroline Silhol)Marlene Dietrich (マレネ・デトリッヒ)
マノン・シュヴァリエ (Manon Chevallier)Edith 5 years old (5歳までのエディット・ピアフ)
ポリーヌ・ビュルレ (Pauline Burlet)Edith 10 years old (10歳までのエディット・ピアフ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック