眠狂四郎無頼剣

“眠狂四郎”シリーズ第八作目

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

眠狂四郎は武部仙十郎から、大塩忠斎の残党が不穏な動きを企てていると聞かされた。江戸一番の油問屋弥彦屋と一文字屋が押込み強盗にあい、町辻では角兵衛獅子兄妹、女芸人勝美太夫なるものが現われ、不思議な火焔芸を披露しているが、これは大塩一味と関係があるという仙十郎の狙いだった。というのは、越後の地下水から油精製(石油)を研究した大塩忠斎・格之助父子が、その権利を一万両でゆずり貧民救済資金にしようと計画したが、義挙は商人の裏切りによって、挫折し、大塩父子が処刑されていたからだ。その帰途、狂四郎は弥彦屋お抱えの用心棒、日下部玄心の一党に襲われた勝美を救った。勝美は狂四郎の顔をみて驚いた。狂四郎と格之助が似ていたためであった。


解説

「座頭市地獄旅」の伊藤大輔がシナリオを執筆し「大魔神怒る」の三隅研次が監督した“眠狂四郎”シリーズ第八作目。撮影は「続・酔いどれ博士」の牧浦地志。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1966)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
スチル

キャスト

俳優名役名
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)眠狂四郎
天知茂愛染
藤村志保 (Fujimura Shiho)勝美
工藤堅太郎小鉄
島田竜三伊佐
遠藤辰雄日下部玄心
上野山功一一文字屋巳之吉
香川良介弥彦屋彦右衛門
永田靖武部仙十郎
酒井修志麻
水原浩一多兵
高杉玄膳所
山本一郎
南条新太郎久三
原聖四郎同心天城
橘公子妻お菅
三木本賀代娘お曽代
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック