ステート・オブ・グレース

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ニューヨークのウエスト・サイドにある市中でも有数の無法地帯<ヘルズ・キッチン>。テリー・ヌーナン(ショーン・ペン)はかつてこの街で鳴らした札つきだったのが、不慮の殺人事件を機に数年前に出奔、そして今また青年時代を過ごしたこの街に舞い戻ってきたのだった。彼を迎えたのは、辺り一帯をしきるアイリッシュ・ギャングのボス、フランキー・フラネリの弟でヌーナンの幼な馴じみだったジャッキー(ゲイリー・オールドマン)だった。ジャッキーには妹があり、このキャスリーン(ロビン・ライト)こそはヌーナンのかつての恋人だった。しかし昔の仲間との再会を懐かしむ間もなく、ヌーナンは自ら申し出てフランキー一家の一員となり、ジャッキーらと放火、恐喝、非情な借金の取り立て、荒っぽいギャング稼業をこなしていった。彼らアイリッシュ・ギャングの結束は鉄のように硬かったが、フランキー一味も縄張りを死守するために敵対していたイタリア・マフィアと手を結ぶことになった。マフィアから金を借りていた幼な馴じみのスティーヴィーが殺されたことから、実は彼の兄が敵対組織との友交関係のために手を下したとも知らず、ジャッキーは激昂して酒場で敵の幹部3人を射殺した。ここに来てしびれを切らしたマフィアの首領ボレリは、フランキーに弟を消すよう命じるのだった。ボストン警察のもぐり捜査官という真実の顔を持つヌーナンだったが、職務を捨てて折しもアイルランド民族祭でストリートが賑わう中を単身敵地に乗り込み、自らも銃弾を受けながらも敵を倒すのだった。


解説

ニューヨークの犯罪地帯ヘルズ・キッチンでのアイリッシュ・ギャングとイタリアン・マフィアとの抗争を背景に描く、幼な馴染みだった3人のストリート・キッズの青春群像。監督は「U2/魂の叫び」のフィル・ジョアノー、脚本はオフ・ブロード・ウェイの劇作家で本作が遺作となったデニス・マッキンタイア、撮影は「U2/魂の叫び」のジョーダン・クローネンウェス、音楽は「カジュアリティーズ」のエンニオ・モリコーネ。出演はショーン・ペン、エド・ハリス、ゲーリー・オールドマンほか。


配給オライオン映画=ワーナー・ブラザース
制作国アメリカ (1991)
ジャンル 

1991年05月25日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
音楽
編集
字幕

キャスト

俳優名役名
ショーン・ペン (Sean Penn)Terry
エド・ハリス (Ed Harris)Frankie
ゲイリー・オールドマン (Gary Oldman)Jackie
ロビン・ライト (Robin Wright)Kathleen
ジョン・タトゥーロ (John Turturro)Nick
バージェス・メレディス (Burgess Meredith)Finn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック