利休

織田信長、そして豊臣秀吉に茶頭として仕えた千利休の生涯を描いた作品

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

天正10年、利休は茶頭として信長に仕えていたが、6月の本能寺の変で信長は明智光秀に殺された。数年後利休は信長の後継者として力を伸ばしてきた秀吉の茶頭となった。利休は茶の湯を通して全国の武将を魅了し、わびの極致と言われる京都・山崎の待庵など贅の限りを尽くし自分の世界を築いていった。しかし、石田三成が台頭してきてから、秀吉と利休の関係が狂い始めた…。


解説

野上彌生子原作の小説『秀吉と利休』の映画化で、脚本・監督は「アントニー・ガウディー」の勅使河原宏、共同脚本は赤瀬川原平、撮影は「226」の森田富士郎がそれぞれ担当。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1989)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚本
原作
製作総指揮
企画
企画協力
製作
製作補
プロデューサー
撮影
美術
装飾監修
建造物監修
音楽
録音
照明
編集
衣装デザイン
助監督
製作顧問
スチール
茶道具監修
茶の湯構成

キャスト

俳優名役名
三國連太郎 (Rentaro Mikuni)千利休
三田佳子 (Yoshiko Mita)りき
九代目松本幸四郎 (Koshiro Matsumoto)織田信長
二代目中村吉右衛門徳川家康
田村亮 (Ryo Tamura)大納言秀長
岸田今日子 (Kyoko Kishida)北政所
北林谷栄 (Tanie Kitabayashi)大政所
山口小夜子 (Sayoko Yamaguchi)茶々
藤田芳子お亀
十代目坂東三津五郎石由三成
嵐圭史古田織部
中村橋之助細川忠興
財津一郎古渓和尚
観世栄夫鳥飼彌兵衛
江波杏子 (Enami Kyoko)ちか
瀬間千恵おまん
秋乃桜子由利
杣山久美三輪
千田真弓勢以
元永定正長谷川等伯
飯田善國玄白
堂本尚郎正親町天皇
熊倉功夫誠仁親王
中村獅菫和仁親王
ルイ・マルケスステハノ
丹野由之喜作
青山裕一高山右近
織本順吉 (Junkichi Orimoto)今井宗久
今福将雄長次郎
矢野宣鳴海
栗崎昇光青
久保晶前田玄以
森山潤久村上刑部
徳田興人津田宗及
伊藤友乃ゆら
ケン・フランケルフロイス
ドナルド・リチーコエリュ
井川比佐志 (Hisashi Igawa)山上宗二
山崎努 (Tsutomu Yamazaki)豊臣秀吉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック