母べえ

山田洋次監督が描く、「家族」というテーマの集大成的傑作

上映スケジュールはコチラ!
母べえ
母べえ
母べえ

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

母べえ

日中戦争が泥沼化しつつある頃。野上家では、ドイツ文学者の夫・滋と妻・佳代、そしてしっかり者の長女・初子と天真爛漫な次女・照美の4人が貧しくも明るく暮らしていた。お互いを「父べえ」「母べえ」「初べえ」「照べえ」と呼び合う仲睦まじい家族だったが、昭和15年2月、滋が治安維持法違反で検挙されてから苦難の日々が始まった。そんな折、滋の教え子・山崎徹が訪ねてくる。それ以降、徹は一家の手助けをするのだった…。


解説

「時代劇三部作」に続く名匠・山田洋次監督の新作は、長年にわたり黒澤明監督のスクリプターとして活躍してきた野上照代さんが執筆した自叙伝「父へのレクイエム」の映画化。これまで山田監督が常々描いてきた「家族」というテーマの集大成といえる作品に仕上がっている。日本が戦争に向かって突き進んでいた暗い時代を背景に、どんな困難を目の前にしても、常に娘たちに精一杯の愛情を注ぐ母であり、獄中の夫を尊敬し信じ続ける妻を吉永小百合が演じ、新境地を拓いている。細部にまで行き届いた時代考証の緻密さ、昭和初期の街並みを完璧に再現したオープンセットなど、見どころは豊富だ。


配給松竹
制作国日本 (2007)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2008年01月26日より丸の内ピカデリー2ほか全国にて



スタッフ

監督
脚本
原作
プロデューサー
撮影
美術
音楽
ソプラノ
録音
照明
編集
ラインプロデューサー
スチール
製作担当

キャスト

俳優名役名
吉永小百合 (Sayuri Yoshinaga)野上佳代 (ノガミカヨ)
浅野忠信 (Tadanobu Asano)山崎徹 (ヤマザキトオル)
檀れい (Dan Rei)野上久子 (ノガミヒサコ)
志田未来 (Shida Mirai)野上初子(少女) (ノガミハツコ(ショウジョ))
佐藤未来野上照美(少女) (ノガミテルミ(ショウジョ))
笹野高史 (Takashi Sasano)小菅 (コスゲ)
でんでん (Denden)隣組組長・福田 (トナリグミクミチョウ・フクダ)
神戸浩福田健一 (フクダケンイチ)
近藤公園小宮山 (コミヤマ)
茅島成美渡辺夫人 (ワタナベフジン)
四代目中村梅之助藤岡久太郎 (フジオカキュウタロウ)
松田洋治島崎 (シマザキ)
赤塚真人 (Makoto Akatsuka)交番の巡査 (コウバンノジュンサ)
吹越満 (Mitsuru Fukikoshi)杉本検事 (スギモトケンジ)
左時枝藤岡ふみ (フジオカフミ)
鈴木瑞穂 (Mizuho Suzuki)二階堂肇 (ニカイドウハジメ)
戸田恵子 (Toda Keiko)野上照美(大人) (ノガミテルミ(オトナ))
大滝秀治 (Hideji Otaki)野村医師 (ノムライシ)
笑福亭鶴瓶 (Syofukutei Tsurube)藤岡仙吉 (フジオカセンキチ)
十代目坂東三津五郎野上滋 (ノガミシゲル)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック