北辰斜にさすところ

戦前、鹿児島の旧制高校で青春を燃やした学生たち。半世紀を経て、伝えたい想いがいま語られる。

上映スケジュールはコチラ!
北辰斜にさすところ
北辰斜にさすところ
北辰斜にさすところ

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

北辰斜にさすところ

平成13年、鹿児島の七高同窓会のメンバーたちは、翌年に控えた「七高野球部創部百周年」の打ち合わせをしていた。その中でかつて、伝説のエースと言われた上田勝弥が復員以来、一度も式典に出席していない事が話題に。勝弥の元を訪れた七高OBの前で、七高時代の思い出を語り始めた勝弥。若き日の勝弥を歓迎する先輩・草野。寮生活、初恋、名物教授の授業、野球部での活躍…。しかし勝弥には語りたくない思い出もあった。


解説

旧制高校は現在の大学にあたり、物語は戦前の鹿児島の第七高等学校(現・鹿児島大学)の寮生たちの青春と、現代に生きる同窓会生たちの姿を交互に描いている。“北辰斜めにさすところ”とは、映画の舞台となる旧制高校の寮歌に由来している。「北辰」とは北極星のことで、周りの星は動いてもこの星の位置だけは変わらない。つまり「時を経ても揺るぎないもの」の象徴だ。夢と希望に満ち溢れたあのころに比べ、どこかで日本は間違った方向へ行ってしまったのではないか。そんな思いが本作のタイトルに込められている。主人公・勝弥の現在を演じる三國連太郎、そして若き日の勝弥の先輩を演じる緒形直人の好演も印象的だ。


配給東京テアトル
制作国日本 (2007)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2007年12月22日よりシネマスクエアとうきゅうにて



スタッフ

監督
脚本
原作
製作
プロデューサー
撮影
美術
音楽
録音
音響効果
照明
編集
キャスティング担当
製作総務
監督補
助監督
装飾
視覚効果
製作担当
ナレーター

キャスト

俳優名役名
三國連太郎 (Rentaro Mikuni)上田勝弥
緒形直人 (Naoto Ogata)草野正吾
林隆三 (Ryuzo Hayashi)上田勝弘
佐々木愛橋本富子
和田光司上田勝弥(青年時代)
林征生上田勝男
笹村浩介上田勝雄
清水美那西崎京子
大西麻恵露崎真知子
波岡一喜 (Kazuki Namioka)重松俊明(七高応援団長)
神山繁 (Shigeru Koyama)本田一
北村和夫 (Kazuo Kitamura)海路政夫
織本順吉 (Junkichi Orimoto)西崎浩一
佐々木すみ江西崎公子
鈴木瑞穂 (Mizuho Suzuki)財前一郎
犬塚弘天本英人
滝田裕介村田聡
土屋嘉男赤木吾郎
樋浦勉西村順造
三遊亭歌之介下村栄吉(七高小使いさん)
高橋長英 (Choei Takahashi)北島憲吉
斉藤とも子上田陽子
河原崎建三 (Kenzo Kawarazaki)伊藤教授
永島敏行 (Toshiyuki Nagashima)宇土虎雄
坂上二郎 (Jiro Sakagami)真田善信
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック