安城家の舞踏会

華族制度の廃止で没落していく安城家の人々の苦悩と葛藤を描いた華麗なドラマ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

皇族までが漬物屋を始めるという御時世に華族の没落はいうまでもない。華族の中で名門をうたわれた安城家もその例にもれず、今迄通りの生活をするために全てのものを手放し、今や抵当に入れた家屋敷まで手放す時が来た。彼等の言葉を借りていえば「まるで嘘のように無くなり、夢のように消えて行く」のである。その夢のように消えて行く華族安城家の最後を記念するために舞踏会を催したが、その舞踏会の裏には安城家最後の種種なあがきがあった。


解説

「象を喰つた連中」に次ぐ吉村公三郎監督で、自身の原作を「待ちぼうけの女」「結婚(1947)」の新藤兼人が脚色し、「象を喰つた連中」「処女は真珠の如く」の生方敏夫が撮影を担当する。滝沢修、入江たか子、原節子、久しぶりの竹久千恵子らが顔を合せている。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1947)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術監督
装置
装飾
音楽
録音
照明
編集
衣裳デザイン
衣裳
美粧
床山
進行担当
記録
特殊撮影
スチール
社交ダンス指導

キャスト

俳優名役名
滝沢修 (Osamu Takizawa)安城忠彦
森雅之 (Masayuki Mori)正彦
逢初夢子昭子
原節子 (Hara Setsuko)敦子
日守新一由利武彦
清水将夫新川斉三郎
津島恵子 (Keiko Tsushima)曜子
神田隆遠山庫吉
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)家令吉田
空あけみ小間使菊
村田知栄子千代
高松栄子老女松
岡村文子春小路正子
文谷千代子令嬢風の客
奈良真養
西村青児 (Seiji Nishimura)
土紀柊一
前畑正美
懸秀介
内田完哉
泉時彦
松井ゆみ
紅沢葉子
二宮照子
江間光子
水上令子
中山さかゑ
逢川かほる
加藤清一
遠山文雄
今井健太郎
松尾千か子
谷よしの
河村百合子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック