続雲の上団五郎一座

菊田一夫原作を「ガンパー課長」の矢田良と蓮池義雄が共同で脚色、「風流温泉 番頭日記」の青柳信雄が監督した喜劇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

東京の場末の朝日劇場では、雲の上団五郎一座が今日も珍舞台を展開している。座長は交通事故で片足を失い療養中なので、市川雲丹之丞、仁木のり蔵、輪破太志、守山音弥、尾上新月、名和通、沢井俊夫らの留守部隊だ。小屋主の千代は小屋をパチンコ屋に改造しようとしているが、これには息子の孝一が猛反対。彼は団五郎の一人娘菊子が好きなのである。一方、のり蔵と太志は安アパートで共同生活をしているが、そこへそれぞれの恋人ユカとさゆりがのり込んで来、一部屋でギューギューいっているうちに、互に恋人がとりかわってしまうという一幕もある。さて、初志貫徹を目ざす千代は団五郎に引退をすすめるが、これを聞いた団五郎の主治医福原先生は大フンガイ、団五郎の再起を強く呼びかける。


解説

菊田一夫原作を「ガンパー課長」の矢田良と蓮池義雄が共同で脚色、「風流温泉 番頭日記」の青柳信雄が監督した喜劇。撮影もコンビの安本淳が担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1963)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
和楽
録音
照明
編集
助監督
スチル

キャスト

俳優名役名
榎本健一雲の上団五郎
浜美枝 (Mie Hama)菊子
三木のり平仁木のり蔵
八波むと志輪破太志
瑳峨三智子ユカ
原知佐子さゆり
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)石川千代
江原達怡孝一
フランキー堺 (Franky Sakai)恭介
森川信市川雲丹之丞
丘寵児守山音弥
本郷秀雄尾上新月
南都雄二名和通
茶川一郎沢井俊夫
沢村いき雄留さん
柳家金語楼花村菊十郎
徳川夢声 (Musei Tokugawa)福原先生
花菱アチャコ山内
ミヤコ蝶々お駒
天王寺虎之助大野
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック