アメリカン・ギャングスター R-15

信念を貫いた2人の男が出会うとき

上映スケジュールはコチラ!
アメリカン・ギャングスター
アメリカン・ギャングスター
アメリカン・ギャングスター

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

アメリカン・ギャングスター

1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にするが、目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。一方、汚職がはびこる警察組織の中で正義を貫こうとする刑事リッチー・ロバーツは新設された麻薬捜査チームのリーダーに任命され、ドラッグ市場を牛耳る謎の人物に迫って行くのだった。


解説

ギャングにファミリーとくれば、マフィア、すなわちイタリア系という定説を覆して、卓越したビジネス・センスを武器にアフリカ系としては前代未聞の麻薬王の座に登りつめるデンゼル・ワシントン。対するは麻薬捜査班を指揮するラッセル・クロウ。実在の人物をモデルに二大オスカー俳優の激突で巨匠リドリー・スコットが描くのはベトナム戦争に疲弊した時代の裏社会版アメリカン・ドリームだ。立場の違いこそあれインディペンデント・スピリットに富み、地道な努力を決して怠らない気骨ある2人の男が、お互いの組織力と知力を総動員してそれぞれの闘いに挑む姿には単なる犯罪映画の範疇には収まらないダイナミックな面白さがある。


配給東宝東和
制作国アメリカ (2007)
ジャンルスリラー/サスペンス アクション
公式サイト公式サイトはこちら

2008年02月01日より日劇1ほか全国にて



スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
製作
撮影監督
美術
音楽
編集
衣装デザイン
字幕翻訳

キャスト

俳優名役名
デンゼル・ワシントン (Denzel Washington)Frank Lucas (フランク・ルーカス)
ラッセル・クロウ (Russell Crowe)Richie Roberts (リッチー・ロバーツ)
キウェテル・イジョフォー (Chiwetel Ejiofor)Huey Lucas (ヒューイ・ルーカス)
キューバ・グッディング・Jr (Cuba Gooding Jr.)Nicky Barnes (ニッキー・バーンズ)
ジョシュ・ブローリン (Josh Brolin)Detective Trupo (トルーポ刑事)
テッド・レヴィン (Ted Levine)D.A.Lou Toback (ルー・トバック地方検事)
アーマンド・アサンテ (Armand Assante)Dominic Cattano (ドミニク・カッターノ)
ジョン・オーティス (John Ortiz)Javier J. Rivera (ジェイ・リヴェラ)
ジョン・ホークス (John Hawkes)Freddie Spearman (フレディ・スピアマン)
RZA (RZA)Moses Jones (モーゼス・ジョーンズ)
ルビー・ディー (Ruby Dee)Mama Lucas (ママ・ルーカス)
コモン (Common)Turner Lucas (ターナー・ルーカス)
ライマリ・ナダル (Lymari Nadal)Eva (エヴァ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック