アイム・ノット・ゼア PG-12

史上最高のロックン・ロール詩人ボブ・ディラン。さまざまな時代のディランを6人の俳優が演じ分ける意欲作

上映スケジュールはコチラ!
アイム・ノット・ゼア
アイム・ノット・ゼア
アイム・ノット・ゼア

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

アイム・ノット・ゼア

1959年、ギターを抱えたウディと名乗る黒人少年が貨物列車に飛び乗り、病床の本物のウディに会いに行く。社会派フォーク歌手として人気が出たジャックだが、シーンから消えた20年後、牧師としてキリスト教の布教にいそしんでいた。伝記映画の主役を演じ成功したロビーは、9年に及ぶ結婚生活に終止符を打とうとしている。音楽性をフォークからロックへ転向したジュードは、スターとしての生活を送る中、ドラッグに蝕まれていた…。


解説

日本では長い間、ビートルズに比べディランはよく理解されず、また過小評価を受けてきた。ここ数年で過去の音源や映像が発掘されて状況は変わってきたが、やはりその人となりは謎の部分も多い。『ベルベット・ゴールドマイン』でグラム・ロックを扱ったトッド・ヘインズは、本作をありきたりの伝記映画にはせず、変化し続けるディランをまるで多重人格者を描くかのように、6人の俳優によって演じさせている。とは言っても映画の中では誰もボブ・ディランだとは名乗らないし、話は事実とも時代の流れとも無関係に進む。わかりやすい映画ではないが、好奇心を呼び起こす意欲作であることはまちがいない。


配給ハピネット、デスペラード
制作国アメリカ (2007)
ジャンルドラマ Music/ミュージカル
公式サイト公式サイトはこちら

2008年04月26日よりシネマライズ、シネカノン有楽町2丁目ほか全国にて



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影監督
美術
音楽スーパーバイザー
音響
編集
衣裳
ヘアメイク
キャスティング
字幕翻訳
字幕監修

キャスト

俳優名役名
クリスチャン・ベイル (Christian Bale)Jack/Pastor John (ジャック/ジョン牧師)
ケイト・ブランシェット (Cate Blanchett)Jude (ジュード)
マーカス・カール・フランクリン (Marcus Carl Franklin)Woody (ウディ)
リチャード・ギア (Richard Gere)Billy (ビリー)
ヒース・レジャー (Heath Ledger)Robbie (ロビー)
ベン・ウィショー (Ben Whishaw)Arthur (アルチュール)
シャルロット・ゲンズブール (Charlotte Gainsbourg)Clair (クレア)
デイヴィッド・クロス (David Cross)Allen Ginsberg (アレン・ギンズバーグ)
ブルース・グリーンウッド (Bruce Greenwood)Keenan Jones (キーナン・ジョーンズ)
ジュリアン・ムーア (Julianne Moore)Alice Fabian (アリス・ファビアン)
ミシェル・ウィリアムズ (Michelle Williams)Coco Rivington (ココ・リビングトン)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック