フランチェスコ ノーカット完全版

彼は美しく生きることを選んだ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

フランチェスコ ノーカット完全版

12世紀末のアッシジで裕福な商人の息子として生まれたフランチェスコは、ペルージャとの戦争で捕虜となった折りに手にした福音書や、騎士に憧れ参加した十字軍の遠征途中で病に苦しむ貧者と出会ったことから、これまでの生き方に疑問を持つようになる。すべてを恵まれない人々に与え、自らスラムで生活するようになったフランチェスコ。彼の変貌を奇異な目で見ていた友人たちも次第に彼の志しに共感し始める。


解説

命ある限り無一物で生きる。そんな理想を苦悩を重ねながら実践した聖フランチェスコの半生を弟子でもあった友人たちの回想という形で追った力作である。神への愛に目覚め、何不自由ない暮らしを捨てる主人公を演じたミッキー・ロークが美しい。セクシーで危険な男として『ナインハーフ』でブレイク後の全盛期にあった彼を、ハリウッドから招いたのは『愛の嵐』などで知られるイタリアのベテラン女流監督リリアーナ・カヴァーニ。1989年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、翌90年に日本公開されたバージョンに40ヶ所を越すシーンをつけ加えたノーカット、イタリア語完全版で上映される。


配給彩プロ
制作国イタリア (1989)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2008年02月02日よりK’s cinemaほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
製作
撮影
美術
音楽
編集

キャスト

俳優名役名
ミッキー・ローク (Mickey Rourke)Francesco (フランチェスコ)
ヘレナ・ボナム=カーター (Helena Bonham-Carter)Chiara (キアラ)
パオロ・ボナチェリ (Paolo Bonacelli)Francesco's father (フランチェスコの父)
アンドレア・フェレオル (Andrea Ferreol)Francesco's Mather (フランチェスコの母)
マリオ・アドルフ (Mario Adorf)Cardinal of Osita (ウゴリーノ枢機卿)
ハンス・ジッヒラー (Hanns Zischler)Pope Innocent 3) (法王インノケンティウス3世)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック