あ・うん

昭和初期、東京・山の手を舞台に中年実業家の友情を描く

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和12年春。中小企業の社長・門倉修造は、軍需景気で羽振りがよく、また男前で妻・君子がいながら女性関係が絶えなかった。一方、水田仙吉は会社勤めのつましいサラリーマンで、性格も地味だが二人は気が合い20数年来の付き合いを続けていた。その水田が3年半ぶりに地方転勤から東京に帰り、門倉は再び水田一家の付き合いを始めた。ある日、水田の娘・さと子は君子の紹介で帝大生・石川義彦と見合いをしたが、仙吉は身分不相応と断わった。しかし、さと子と石川は互いに惹かれ合い、デートを重ねるのだった。


解説

向田邦子原作の同名小説の映画化で、脚本は「座頭市」の中村努が執筆。監督は「極道の妻たち 三代目姐」の降旗康男、撮影は同作の木村大作がそれぞれ担当。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1989)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
プロデューサー
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
衣裳
製作担当者
助監督
記録
スチール
題字

キャスト

俳優名役名
高倉健 (Ken Takakura)門倉修造
富司純子 (Sumiko Fuji)水田たみ
板東英二水田仙吉
富田靖子 (Yasuko Tomita)水田さと子
山口美江まり奴
真木蔵人 (Claude Maki)石川義彦
大滝秀治 (Hideji Otaki)旅館の番頭
三木のり平見知らぬ男
宮本信子 (Miyamoto Nobuko)門倉君子
上田耕一 (Koichi Ueda)
八木昌子
稲垣昭三
小林勝彦
三谷昇
青木卓司 (Takuji Aoki)
掛田誠
三遊亭吉窓
小河麻衣子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック