忍びの衆

“忍びの者”シリーズ第九作

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

天正11年の春。羽柴秀吉は賎ケ嶽に派兵、柴田勝家を一気に叩こうとした。が、勝家の奥方、お市の方の安否か気がかりだった。亡き信長の妹を奪うことは天下をとることに通ずる。それに、秀吉はお市の方に心惹かれていた。「お市の方を盗み出せ」。この密命を受けたのが伊賀の忍者四人−−木城の与四郎、鬼瘤、名張の助太夫、幻術も使う「くの一」忍者喰代のおりんだった。与四郎は、師匠の娘・小弓の反対を押しきり鬼瘤とともに、勝家の居城・越前北の庄を目指し、助太夫、おりんもその後を追った。


解説

司馬遼太郎の原作「伊賀の四鬼」をテレビドラマ「悪一代」を書いた山田隆之が脚色し、「眠狂四郎円月殺法」の森一生が監督した“忍びの者”シリーズ第九作。撮影は「二代目若親分」の森田富士郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1970)
ジャンルドラマ 任侠/時代劇


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
松方弘樹 (Hiroki Matsukata)木城の与四郎
峰岸徹鬼瘤
本郷功次郎名張の助太夫
大楠道代 (Okusu Michiyo)喰代のおりん
南美川洋子小弓
藤村志保 (Fujimura Shiho)お市の方
内藤武敏柴田勝家
戸浦六宏 (Rokuhiro Toura)羽柴秀吉
北城寿太郎佐久間盛政
水上保広石田佐吉
内田朝雄 (Asao Uchida)音羽の城戸
伊達三郎 (Saburo Date)中村文荷斎
黒木現注進
丘夏子腰元
伴勇太郎大坊主
伊吹新吾近習
新田章奥小姓
近江輝子老女
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック