近松物語

溝口健二が近松門左衛門作の『大経師昔暦』を脚色

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

京烏丸四条の大経師内匠は、宮中の経巻表装を職とし、町人ながら名字帯刀も許され、御所の役人と同じ格式を持っていた。傍ら毎年の暦の刊行権を持ちその収入も大きかった。当代の以春はその地位格式財力を鼻にかけて傲岸不遜の振舞が多かった。その二度目の若い妻おさんは、外見幸福そうだったが何とか物足らぬ気持で日を送っていた。おさんの兄道喜は借金の利子の支払いに困って、遂にその始末をおさんに泣きついたが…。


解説

近松門左衛門作の『大経師昔暦』を川口松太郎が劇化(オール読物所載「おさん茂兵衛」)し、それをもととして「忠臣蔵(1954)」の依田義賢が脚本を執筆、「噂の女」の溝口健二が監督に当る。撮影も同じく宮川一夫で、音楽は「千姫(1954)」の早坂文雄の担当。出演者は「銭形平次捕物控 幽霊大名」の長谷川一夫、「母の初恋」の香川京子、「君待船」の南田洋子、「新しき天」の小沢栄の外、進藤英太郎、田中春男など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1954)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
劇化
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
長谷川一夫茂兵衛
香川京子 (Kagawa Kyoko)おさん
進藤英太郎大経師以春
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)助右衛門
南田洋子 (Yoko Minamida)お玉
田中春男岐阜屋道喜
浪花千栄子おこう
菅井一郎源兵衛
石黒達也院の経師以三
水野浩黒木大納言
十朱久雄 (Hisao Toake)鞠小路侍従
玉置一恵梅垣重四郎
橘公子赤松梅龍
小柳圭子おかや
仲上小夜子おその
小林加奈枝おたつ
三浦志郎手代
種井信子少女
芝田総二職人
三上哲職人
篠原隆職人
岩田正忠七
天野一郎検校
葛木香一僧侶
荒木忍公卿の諸太夫
原聖四郎船着場の役人
堀北幸夫船着場の役人
金剛麗子船宿の女中
伊達三郎 (Saburo Date)堅田の役人
石原須磨男宿の番頭
大崎四郎栗売り
小松みどり茶店の老婆
藤川準切戸の村役人
横山文彦切戸の庄屋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック