ランジェ公爵夫人

恋、それは誘惑と拒絶の果てに

上映スケジュールはコチラ!
ランジェ公爵夫人
ランジェ公爵夫人
ランジェ公爵夫人

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ランジェ公爵夫人

1823年、ナポレオン軍の英雄モンリヴォー将軍がスペインのマヨルカ島にある修道院を訪ねる。厳格な戒律の下に身を置くフランス人修道女テレーズこそ、かつて愛した女性アントワネットだった。5年前、パリの社交界で出会った彼女はランジェ公爵の妻だったが、たちまち恋に落ちたモンリヴォーは押しの一手で愛を捧げる。ところが、夫人は思わせぶりな態度で焦らすばかり。業を煮やしたモンリヴォーは反撃に転じる。


解説

恋愛の神髄は駆け引きにあり。文豪バルザックの原作を『美しき諍い女』に続いて名匠ジャック・リベットが、緻密さと映像美を駆使した本作の主人公二人は徹頭徹尾、恋にうつつを抜かす。退廃的な有閑階級を象徴するランジェ公爵夫人が仕掛けた恋のゲームは、武骨な軍人には到底受け入れられず、駆け引きを楽しむという暗黙のルールは破られ、ゲームの支配者は鮮やかに入れ替わる。結果、すべてを投げ打つほどの情熱と苦悩をもたらすのだ。『恋ごころ』に引き続きリベット作品のヒロインをつとめるジャンヌ・バリバールと、堂々たる体躯で恋に身を焦がすモンリヴォー役のギョーム・ドパルデューが見事にはまっている。


配給セテラ・インターナショナル
制作国フランス=イタリア (2006)
ジャンルラブ・ストーリー ドラマ
公式サイト公式サイトはこちら

2008年04月05日より岩波ホールほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
脚本
共同脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽監修
録音
編集
衣裳
編曲
製作管理
スクリプト
整音
監督助手
スチル写真
字幕

キャスト

俳優名役名
ジャンヌ・バリバール (Jeanne Balibar)Antoinette de Langeais (アントワネット・ド・ランジェ公爵夫人)
ギョーム・ドパルデュー (Guillaume Depardieu)Armand de Montriveau (アルマン・ド・モンリヴォー将軍)
ビュル・オジエ (Bulle Ogier)Princesse de Blamont-Chauvry (ブラモン=ショーヴリ妃)
ミシェル・ピッコリ (Michel Piccoli)Vidame de Pamiers (ヴィダム・ド・パミエ)
アンヌ・カンティノー (Anne Cantineau)Clara de Serizy (クララ・ド・セリジー)
マルク・バルベ (Marc Barbe)Marquis de Ronquerolles (ロンクロール侯爵)
トマ・デュラン (Thomas Durand)De Marsay (マルセー公)
ニコラ・ブショー (Nicolas Bouchaud)De Trailles (トライユ公)
マティアス・ジュング (Mathias Jung)Julien (ジュリアン)
ジュリー・ジャッド (Julie Judd)Lisette (リゼット)
ヴィクトリア・ジニー (Victoria Zinny)La m?re sup?rieure (修道院院長)
レモ・ジローネ (Remo Girone)Le confesseur du couvent (修道院の告解僧)
ベッペ・キエリーチ (Beppe Chierici)L'alcade (スペインの裁判官)
ポール・シュヴィヤール (Paul Chevillard)Duc de Navarreins (ナヴァラン公爵)
バーベット・シュローダー (Barbet Schroeder)Duc de Grandlieu (グランデュー公爵)
ビルジ・ルトヴィグ (Birgit Ludwig)Diane de Maufrigneuse (ディアーヌ・ド・モフリヌーズ)
デニス・フレイド (Denis Freyd)Abbe Gondrand (ゴンドラン神父)
クロード・ドロジェール (Claude Delaugerre)Auguste (オーギュスト)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック