アフタースクール

予測不能な展開に、騙されてこそ楽しめる痛快作

上映スケジュールはコチラ!
アフタースクール
アフタースクール
アフタースクール

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

アフタースクール

母校の中学校で教師をしている神野と、サラリーマンの木村は中学時代からの親友同士。産気づいた木村の妻を、仕事で忙しい木村の代わりに神野が病院まで送りとどけた。その日、夏休み中だが部活のため出勤した神野のもとに、同級生だという探偵が訪ねてくる。島崎と名乗る探偵は木村を捜していた。若い女性と親しげにしている木村の写真を探偵に見せられた神野はショックを受け、なかば強引に木村捜しを手伝うことになってしまう。


解説

カンヌ国際映画祭等で数々の映画賞に輝いた『運命じゃない人』から3年。内田けんじ監督作品に、大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人ら人気・実力を兼ね揃えたキャストが集結した。探偵(もしくは何かを調査、模索する人物)を狂言回し的に配置することを踏襲しながらも、時間軸を少しずつずらしながら、別の視点で同じシーンを見せることによってパズルを解いていくような痛快なストーリーテリングで見せた前作(デビュー作『WEEKEND BLUES』も同じテイスト)と違い、本作では“信じていたものが一気にひっくり返るような”想像を超えた展開が待ち受けている。内田けんじの作劇術にまんまと騙されてこそ楽しめる痛快作。


配給クロックワークス
制作国日本 (2007)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2008年05月24日よりシネクイントほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
脚本
エグゼクティブプロデューサー
製作
プロデューサー
撮影
ステディカムオペレーター
美術
大道具組付
音楽
音楽スーパーバイザー
音楽プロデューサー
主題歌
録音
光学録音
音響効果
サウンドエディター
照明
編集
ネガ編集
スタイリスト
ヘアメイク
スタジオエンジニア
キャスティングディレクター
アソシエイトプロデューサー
製作デスク
製作経理
製作進行
助監督
スクリプター
スチール
合成
オプチカル
ガンコーディネイト
カースタント
特機
車両
タイトル
装飾助手
音響効果助手
スタイリスト助手
スクリプター助手
製作進行助手
「アフタースクール」製作委員会
宣伝デザイン
宣伝スチール
取材協力
照明応援助手
特機応援
ヘアメイク応援
特殊造形協力
製作担当
装飾
俳優担当
監督助手
撮影助手
照明助手
録音助手
小道具
劇場デジタルコンテンツ制作
編集助手
タイミング
製作主任
劇用車
音楽制作
宣伝
予告編ディレクター
メイキング
海外担当

キャスト

俳優名役名
大泉洋 (Yo Oizumi)神野 (ジンノ)
佐々木蔵之介 (Kuranosuke Sasaki)北沢 (キタザワ)
堺雅人 (Masato Sakai)木村 (キムラ)
田畑智子 (Tabata Tomoko)写真の女 (シャシンノオンナ)
常盤貴子 (Tokiwa Takako)美紀 (ミキ)
北見敏之梶山商事社長 (カジヤマショウジシャチョウ)
山本圭 (Kei Yamamoto)
伊武雅刀 (Masato Ibu)片岡 (カタオカ)
大石吾朗
奥田達士
尾上達士
桃生亜希子
沼田爆
田村泰二郎
ムロツヨシ
佐藤佐吉 (Sakichi Sato)
長江英和 (HIdekazu Nagae)
山本龍ニ
久保和明
戯武尊
村岡希美
小林隆 (Takashi Kobayashi)
斎藤歩
音尾琢真
中山祐一朗
森田ガンツ
吉武怜朗
五十嵐令子
山田伊久磨
西永貴文
三浦影虎
長塚道太
玉置孝匡
坪田秀雄
辻修
岸潤一郎
安澤千草
保里佐和
天田益男
吉川亜紀子
宮崎亜友美
山中真理子
葛谷知花
中村啓子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック