スピード・レーサー

『マトリックス』のウォシャウスキー兄弟が、日本製アニメ「マッハGoGoGo」を実写映画化!

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

スピード・レーサー

レーシング一家に育ったスピードは、レース事故で死んだ兄の遺志を継いでレーサーとなり、地元のレースでぶっちぎりの優勝を果たした。その才能に目をつけたローヤルトンからスポンサーの申し出を受けるが、家族と共にレースに出ることを望みこれを断る。するとローヤルトンの態度が一変、すべてのレースは八百長で、スピードは勝てないと言い放つ。その言葉を証明するようにレースでの妨害が始まり…。


解説

原作は、日本はもとより海外でも多くの人々に愛されたアニメ「マッハGoGoGo」。その大ファンであったラリー&アンディのウォシャウスキー兄弟が、VFX技術と映像センスを駆使して極彩色のレーシングワールドを作り上げた。特にレーシングマシーンが走り、跳び、ぶつかり合うレースシーンはダイナミックかつ変幻自在。想像だにしない映像の洪水は最高にエキサイティングだ。ストーリーの軸となるのは主人公スピード・レーサーの成長物語であり、彼の家族・スピード一家の家族愛の物語。エミール・ハーシュはスピードをアツく演じ、その周囲をジョン・グッドマン、スーザン・サランドン、クリスティーナ・リッチら実力派が温かく包んだ。


配給ワーナー・ブラザース映画
制作国アメリカ (2008)
ジャンルアクション SF/ファンタジー
公式サイト公式サイトはこちら

2008年07月05日よりサロンパス ルーブル丸の内ほか全国にて



スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン
視聴覚効果監修

キャスト

俳優名役名
エミール・ハーシュ (Emile Hirsch)Speed Racer (スピード・レーサー)
クリスティーナ・リッチ (Christina Ricci)Trixie (トリクシー)
ジョン・グッドマン (John Goodman)Pops Racer (パパ・レーサー)
スーザン・サランドン (Susan Sarandon)Mom Racer (ママ・レーサー)
マシュー・フォックス (Matthew Fox)Racer X (レーサーX)
ロジャー・アラム (Roger Allam)Royalton (ローヤルトン)
ポリー・リット (Paulie Litt)Spritle (スプライトル)
ベンノ・フュルマン (Benno Furmann)Inspector Detector (ディテクター警部)
真田広之 (Hiroyuki Sanada)Mr.Musha (ミスター武者)
レイン (Rain)Taejo Togokahn (テジョ・トゴカーン)
リチャード・ラウンドトゥリー (Richard Roundtree)Ben Burns (ベン・バーンズ)
キック・ガリー (Kick Gurry)Sparky (スパーキー)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック